企業情報

ISOLは、IT業界をリードする日本IBMのグループ会社であり、
金融のお客様のIT戦略を実現・支援する ITサービスのオールラウンド・プレーヤーです。

企業理念・VISION

ISOLは、会社の長期的展望・理想像として「企業理念」を、中期的な未来像として「Vision」を定めています。企業理念は不変ですが、Visionは時代に合わせて6-7年おきに見直しを図っています。

企業理念

  • 社員一人ひとりがお互いを信頼し尊重する社員が主役として輝ける、働きがいのある職場を共に作っていきます
  • お客様の成功に全力を尽くすお客様の成功をサービス産業の根本理念として揚げます
  • 常に成長し続ける成長し続けることで、社会環境・ビジネス環境のどのような変化にも対応します

ISOL VISION

一歩先の価値をカタチに ISOL VISION 心・技・知の継承と新たな可能性への挑戦 相互進化できるパートナーへ プロのPride & Responsibility 満足と感動を呼ぶ価値を提供し、お客様の価値を最大化します 仕事で関わる全ての人と信頼を築き、互いを高めあいます 培ってきたマインド・スキル・ナレッジを引継ぎながら、成長し続けます 新たな分野・技術への挑戦を恐れず、トップランナーになることを目指します 多様性と変化の進む社会に対応し、お互いを尊重する企業であり続けます たゆまぬ自己研鑽でスキル向上を図ります インテグリティとモチベーションを持って最後までやり抜きます 個からチームへ。一人ひとりが力を発揮し、最高の結果をステークホルダーへ提供することを目指します

社長メッセージ

金融系ITサービスのオールラウンドプレイヤーとして、なくてはならない存在に!

代表取締役社長 肱黒 真之の写真

日本アイビーエム・ソリューション・サービス株式会社(略称:ISOL)は、ITシステム構築ノウハウと金融業務知識を備えた日本アイ・ビー・エムグループの中核会社として1998年に新たに発足しました。以来、金融機関(銀行、証券、保険、カード、消費者金融等)を中心に数多くのお客様に向けて、(1)業務システムのプログラム開発、(2)業務システムを支えるコンピューター基盤の構築、さらにはシステムが本稼動した後の(3)運用(4)保守の4つの柱で仕事をしてまいりました。

今やお客様の業務にとってコンピューターシステムは必須のインフラであり、特に金融機関のお客様にとってその重要度はますます高くなっています。ISOLは、日本アイ・ビー・エムグループがご提供するシステム構築サービスにおいて、金融システムの知識/経験を最大限に生かし、それぞれのお客様で必要となる業務機能を、金融システムとして必要となる高い信頼性をもって的確に実現してまいります。そのことを通して金融系ITサービスのオールラウンドプレイヤーとして、お客様そして社会にとってなくてはならない存在になりたいと考えます。

また、世界がボーダレスになりかつ金融システムの技術革新が目覚しい中、ISOLは日本の高度な金融システムと世界中の先端のノウハウを統合することで、次世代の金融システムの構築に貢献しその先導役になることを目標にしていきます。

2014年に本社がある札幌にニアショア開発センターを開設しました。これにより、ISOLの仕事は、従来からのお客様の拠点でのお客様に密着した開発形態に加え、リモートでの集約的な開発が可能となりました。それぞれのメリットを生かし両者が一体となって、さらなる高品質で効率的なシステム構築を目指していく所存です。

よりよいサービスはよりよい人を通して実現されます。2017年に6年ぶりにISOL Visionを改訂し、今後進むべき中期的な姿として「一歩先の価値をカタチに」を掲げました。個々の社員が自らの高い目標を設定し、既存のシステム開発のみでなく、次世代の技術やグローバルのソリューションにも日々敏感に反応・習得していくと共に、グローバルIBMの知見も最大限に活用して切磋琢磨を行っていく事で、ワンランク上の技術者集団を目指します。
そのためには、スキル向上に加えて仕事に対する高い意欲が必要です。仕事と生活のバランス、社員の多様性(ダイバーシティ)、オープンなコミュニケーションを進めることで、個々に特長を持った社員が溌剌と、かつチームとして最大限の力を発揮できるよう、環境を整えていきたいと考えます。

私自身もこれまで技術者としてお客様と共にシステム構築の仕事に携わってまいりました。今後も、ビジネスパートナーの皆様、IBM社員、ISOL社員が手を携えOne Teamとなって、最善のサービスをご提供できるよう努力してまいりますので、変わらぬご厚情を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

会社概要

和 名

日本アイビーエム・ソリューション・サービス株式会社 略称/アイソル

英 語 名

IBM Global Services Japan Solution and Services Company 略称/ISOL

設 立

1984年(昭和59年)8月30日

資 本 金

1億円

株 式 構 成

日本アイ・ビー・エム株式会社100%出資

代 表 者

代表取締役社長 肱黒 真之(ひじくろ まさゆき)

沿革

1984年8月

システムフロンティア株式会社(SFK)として設立

1987年6月

日本アイ・ビー・エム株式会社が資本参加 日本アイ・ビー・エム株式会社が資本参加
これまで培ってきた金融システムのソフトウェア開発力に日本アイ・ビー・エムのグローバルな技術が加わり、より付加価値の高いシステム構築が可能となる

1998年4月

たくぎんコンピューター株式会社(TCK)が加わり、日本アイ・ビー・エム株式会社100%出資の新会社
日本アイビーエム・ソリューション・サービス株式会社として発足

2014年7月

ISOL内に、ニアショアセンターとしてISOLデリバリーセンター札幌(IDC-S)を設立

2016年4月

アドバンスト・アプリケーション株式会社(Advanced Application Corporation, AAC)を統合

事業所一覧

本社および事業所

本社

住所: 〒060-0005
札幌市中央区北5条西6丁目2番地2
札幌センタービル21階

本社 最寄駅

JR札幌駅、地下鉄南北線さっぽろ駅

札幌事業所

住所: 〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条9丁目7番1号

札幌事業所 最寄駅

地下鉄東豊線月寒中央駅

新札幌事業所

住所: 〒004-0051
札幌市厚別区厚別中央1条6丁目3-1
ホクノー新札幌ビル7階

新札幌事業所 最寄駅

JR新札幌駅、地下鉄東西線新札幌駅

札幌駅前事業所

住所: 〒060-0005
札幌市中央区北5条西2丁目5番
JRタワーオフィスプラザさっぽろ11階

札幌駅前事業所 最寄駅

JR札幌駅、地下鉄南北線さっぽろ駅

札幌時計台事業所

住所: 〒060-0001
札幌市中央区北1条西2丁目1番地
札幌時計台ビル

札幌時計台事業所 最寄駅

地下鉄南北線、東西線、東豊線大通駅

札幌テクノパーク事業所

住所: 〒004-0015
札幌市厚別区下野幌テクノパーク2-1-10

札幌テクノパーク事業所 最寄駅

JR新札幌駅、地下鉄東西線新札幌駅から
JR北海道バス「第2テクノパーク行き」に
乗車、バス停「第2テクノパーク」下車

東京事業所

住所: 〒103-8510
東京都中央区日本橋箱崎町19番21号

東京事業所 最寄駅

東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅、
東京メトロ東西線/日比谷線 茅場町駅

幕張事業所

住所: 〒261-8522
千葉県千葉市美浜区中瀬1-1

幕張事業所 最寄駅

JR京葉線海浜幕張駅

新潟事業所

住所: 〒950-8747
新潟県新潟市中央区鐙1丁目1−17

新潟事業所 最寄駅

JR新潟駅

沖縄事業所

住所: 〒900-0025
沖縄県那覇市壺川3-3-5
壺川スクエアビル8F

沖縄事業所 最寄駅

ゆいレール壺川駅