インタビュー

D&Iで働く社員に会社や仕事についてインタビューしました。
社員の一日も紹介しています。

小枝 萌

小枝 萌

2017年度入社

文系
技術部門

岩崎 達徳

岩崎 達徳

2017年度入社

理系
開発部門

影山さんの写真

影山 貴之

2016年度入社

理系
開発部門

安達さんの写真

安達 章裕

2016年度入社

文系
技術部門

濵本 和宏

濵本 和宏

2015年度入社

ITエンジニア

村居 知紀

村居 知紀

2015年度入社

ITエンジニア

藤澤さんの写真

藤澤 達哉

2015年度入社

ITエンジニア

桒原さんの写真

桒原 良佳

2011年度入社

ITスペシャリスト

山北さんの写真

山北 亘

2011年度入社

ITスペシャリスト

天羽さんの写真

天羽 雄二

2001年度入社

ラインマネージャー
(Advisory Project Manager)



上記リンクをクリックすると、ページ内の該当箇所に移動します


小枝さんの一日

<プロフィール>

  • 氏名:小枝 萌(こえだ もえ)
  • 部署:技術第一部
  • 入社年度:2017年度入社
  • 役職:ITエンジニア
  • 業務内容:分散系システムのインフラ部分となる基盤の構築、運用保守を担当しています。
    現在は決済インフラシステムの基盤更改、保守の案件をしています。
小枝さんの写真

小枝さんの一日の流れ

小枝さんの一日の流れ

9時~9時15分 メール確認

朝一番にメールの確認と、スケジュールを見ながらその日にすることを整理します。今は2つの案件を同時に進めているため、優先順位を考慮した上で予定を立てます。

9時15分~10時30分 手順書作成

システムがサービスインしてから保守の段階で必要となる手順書を作成します。
現在構築中のシステムを使い、この手順で本当に稼働するのか順序を確認しながら 進めていきます。

メール確認

部門会議

10時30分~12時 部門会議

部の皆さんが集まり、部の状況、チームごとの進捗状況などを共有します。
今日は今年度の部の方針や、今年進行するプロジェクトについての共有が行われました。


12時~13時 昼食

いつも同期の皆さんと食堂で昼食をとっています。
普段の業務中は顔を合わせる機会が少ない人もいるため、昼食の時間は貴重です。業務の話や同期間での情報連携、他愛もない話で盛り上がります。

昼食

議事録作成

13時15分~14時30分 振り返りミーティング&議事録作成

プロジェクトごとに目標を立て、人事と上司、メンターさんと月に一度振り返りを行います。普段の業務を進めていく中で得られた気づきや反省点を共有し、アドバイスをいただきます。
時間を取って振り返ることで、自分に不足していることを再考するきっかけになります。ミーティング終了後は議事録の作成も行います。


14時30分~16時 テスト事前準備

来週実施予定の性能を計測するテストに向けて、データ取得の設定を行います。
実際にテストを行う前に、この設定で本当に必要なデータが得られるか検証してから 本番に臨みます。

16時~18時30分 テスト結果検証

以前に実施したテスト結果から、要件に沿った結果が得られているか検証します。想定通りの結果ではなかったときは、原因を調べて設定の変更やスクリプトの書き直しを行って要件に合わせていきます。

テスト事前準備

インタビュー

Q1.小枝さんにとってD&Iの魅力は何ですか?

A1.会社全体で、人材育成やスキル強化に力を入れているところが魅力です。
入社から3年目までは一人ひとりにメンターさんがつき、長期的な視点で人を育てる意識が強いと思います。
また、上司、メンターさんと定期的に振り返りを行い、悩みを伝えて解消する場も設けられています。


Q2.D&Iの社員や会社はどのような雰囲気だと思いますか?

A2.社員同士の仲が良く、和やかな雰囲気で仕事を進められます。
上司や先輩関係なく、皆さん話しやすい方々ばかりなので、小さなことでも相談しやすい環境です。
私もメンターさんだけではなく、いつも周りにいらっしゃる先輩方に助けていただいています。


Q3.小枝さんにとってSEの魅力は何ですか?

A3.仕事を通じて、自分自身のスキルアップに直結するところです。
知識と経験を積むことで、目に見えてできることが増えてくるのが魅力だと思っています。
SEで得られるスキルはどこでも汎用的に使用できるため、自分の幅を広げるにも有用だと思います。


Q4.学生と社会人の一番の違いは何ですか?

A4.時間の使い方がはっきりしていることだと思います。学生の頃は曖昧になりがちだった集中する時間とそうでない時間の切り替えが、社会人になってからは求められます。仕事の時間は仕事!休日は完全にプライベート!という風に意識を分けることができるようになりました。


Q5.学生の皆さんへ一言お願いします。

A5.就職活動においても、その他のことにおいても、偏見を持たずに動いてみてほしいです。世間でのイメージは案外あてにならないと私は思います。大企業だから安定、中小企業だから不安定、という時勢でもないので。
「難しそう・・・」「自分にはできなさそう」と初めから思い込んで可能性を狭めるのは、ものすごく勿体ないです。少しでも興味を持ったことは積極的に調べて、動いてみてください。


岩崎さんの一日

<プロフィール>

  • 氏名:岩崎 達徳(いわさき たつのり)
  • 部署:開発第二部
  • 入社年度:2017年度入社
  • 役職:ITエンジニア
  • 業務内容:営業店・決済のチームに所属しており、現在は主に銀行の窓口で用いられるシステムの機能追加に携わっています。
岩崎さんの写真

岩崎さんの一日の流れ

岩崎さんの一日の流れ

メール確認

9時00分~9時15分 メール確認

対応する内容がなければ9時前に終わることもあります。
時間を融通しやすいように、できる限り出社直後にメールを見て対応する癖をつけています。


9時15分~12時00分 テストケース確認・準備

準備に取り掛かる前にテストに必要な準備やそれらの手順を簡単にまとめておくことで、ミスや漏れを減らすこともできますし、所要時間を把握できます。
テストに必要になるデータを作成したり、テスト結果をまとめるための
フォーマットの準備なども行います。

テストケース確認・準備

昼食

12時00分~13時00分 昼食

私は家から持ってきた昼食を食べ、カフェテリアで購入したコーヒーを飲むのが日課です。
食堂での食事を済ませた同期とカフェテリアで合流し、今取り組んでいる仕事の話や雑談などをして刺激を受けたり、リフレッシュしたりしています。


13時00分~15時00分 テスト実施

準備した通りに作業を進めていきます。
準備がしっかりしているほどスムーズに実施することができます。

テスト実施

チームミーティング

15時00分~15時45分 チームミーティング

プロジェクトごとの進捗や、週ごとの連絡事項、受講した研修のフィードバック等をします。原則45分以内とすることでミーティングの質を上げる取り組みも会社全体で行っています。


15時45分~16時30分 テストまとめ

実施した結果に説明書きなどを加え、資料として形にしていきます。
取得した結果は「誰が見ても分かりやすく」を意識してまとめます。

16時30分~18時00分 残作業

予定通りに進まなかった作業の続きを行ったり、次の仕事を前倒しにして行います。経験の少なさから時間がうまく見積もれず、予定通りに進まなかったことをすることが多いです。

テストまとめ

インタビュー

Q1.岩崎さんにとってD&Iの魅力は何ですか?

A1.金融スキルとITスキルを身に着けることができる環境があることだと思います。
充実した研修や、資格取得の補助もありますし、今後自分に必要なスキルを
示してくれる先輩社員もたくさんいます。


Q2.D&Iの社員や会社はどのような雰囲気だと思いますか?

A2.いい意味でフラットな会社だと感じています。
年次に関わらず、話かけやすい先輩社員の方ばかりですし、男女比や文系理系比など
極端に偏ったものがなく、個性を活かしやすいと思います。


Q3.岩崎さんにとってSEの魅力は何ですか?

A3.人とかかわりながら仕事ができることだと思います。
私自身を含め、情報系の仕事に就きたいけれどPCに向かい続けるのではなく、
人と関わりながら仕事をしたいという人にはとても向いている仕事だと思います。


Q4.目標にする先輩社員はいますか?また、それはどんな社員です?

A4.やはり、年齢が近い先輩はいい目標になると思います。
来年は、あるいは数年後はこの先輩くらい仕事ができるようにならないといけないなと具体的なイメージができます。
自分自身が今後目標とされるように頑張ろうという刺激にもなると思います。


Q5.学生の皆さんへ一言お願いします。

A5.就職活動は単に卒業後の進路を決めるだけのものではなく、様々な業種に触れることができるチャンスです。
大学の専門分野にとらわれず、少しでも興味があれば説明会などに是非積極的に参加してみてください。


影山さんの一日

影山さんの写真

<プロフィール>

  • 氏名:影山 貴之(かげやま たかゆき)
  • 部署:開発第四部
  • 入社年度:2016年度入社
  • 役職:ITエンジニア
  • 業務内容:確定拠出年金と年金数理・報酬管理のシステムの保守を担当しています。
    現在は法改正によるシステム変更や、基盤更改などの対応を行っています。

影山さんの一日の流れ

影山さんの一日の流れ

メール・作業確認

9時~9時15分 メール確認

メールはこの時間に出来るだけ返信するように心掛けてます。内容は会議召集や
依頼など です。(飲み会など業務外のことも!)またTo Doリストを確認して、
受け持っている作業と 期限を照らしながら一日の予定に組み込みます。


10時30分~12時 テスト準備

テストを行うために必要なテスト環境の構築を行います。環境構築作業は初めてだったため、上司の方に作業一つ一つの意味を教えていただきながら実施しました。

テスト準備

昼食

12時~13時 昼食

昼食はいつも同期と食べています。話す内容は、業務の話から他愛も無い話まで様々です。
ちなみに食堂のメニューですが、1カ月の献立があるので毎日変わります。
定番のカレーや 麺類(ラーメン、うどん、そば)も注文できます!


14時30分~17時30分 結果検証

一通り実施したテストの結果とテスト仕様書と比較して、結果が正しいことを検証していきます。
ここでバグがある場合はプログラムを修正し、再度検証テストを行います。

結果検証

手順書作成

17時30分~19 手順書作成

システム変更作業で使用する本番作業手順書を作成します。
本番作業がスムーズに 行えるように、丁寧に手順を記載していきます。
作成後は上司の方に確認していただき、 この日の間に承認していただけました。


インタビュー

Q1.影山さんにとってD&Iの魅力は何ですか?

A1.D&IはIBM独自の技術を取り入れ、長年培われた金融スキルのノウハウを組み込むことで、お客様に価値をお届けしています。私はもともとIT系の仕事に就職したいと考えてましたが、日常生活で必要不可欠なシステムを作るということに非常に魅力を感じました。
また、手に職をつけたかったこともあり、ITスキルや金融スキルを伸ばせるのも魅力の1つだと感じています。


Q2.D&Iの社員や会社はどのような雰囲気だと思いますか?

A2. まず、上司とも分け隔てなく交流ができる風通しの良い職場だと感じています。業務以外の話をすることもあり、休日の過ごし方や地元の話などさまざまです。他の部署の方ともプロジェクト等を通して関わることができ、多くの方と接することで会社の一体感を感じながら仕事を進めることができますね。


Q3.影山さんにとってSEの魅力は何ですか?

A3.担当システムが稼働したときの達成感だと思います。 7月に案件の主担当として要件定義からサービスインまで 携わりましたが、無事に稼働確認が終わったときには本当に嬉しく、大きな達成感がありました。
非常に辛い場面もあった中、案件を進めるうえで得た様々な経験・知識も多く、今後の案件にも活かしていくことが できます。


Q4.目標にする先輩社員はいますか?また、それはどんな社員です?

A4.はい、います。私が入社した頃からサポートしてもらっています。
いつも忙しく仕事をされていますが、私が質問に行くと、とても丁寧に教えてくださいます。
またトラブルのときには迅速に原因を見つけ、対応されていました。
私もこの方のように多方面の業務をこなし、周りの方から頼られる社員になりたいです。


Q5.学生の皆さんへ一言お願いします。

A5.企業のHPやナビサイトを閲覧してからどこの会社説明会に行くかを決めると思いますが、もし悩んだ場合には是非行ってみましょう。会社説明会で社員の方から実際に話を聞き、雰囲気を感じてから悩むのが良いと思います。私は会社説明会でこの会社の雰囲気、人に触れ、「この会社に入って、一緒に仕事をしたい!!」と感じました。就職活動は大変ですが、出来るだけ妥協せず、自分に合う会社を見つけていってください。


安達さんの一日

安達さんの写真

<プロフィール>

  • 氏名:安達 章裕(あだち あきひろ)
  • 部署:技術第一部
  • 入社年度:2016年度入社
  • 役職:ITエンジニア
  • 業務内容:分散基盤システムの構築や現行のシステムの保守を担っています。

安達さんの一日の流れ

安達さんの一日の流れ

9時~9時15分 メール確認

一日の始まりはメール確認からです。メールによる依頼やミーティングの召集などを確認して、一日の予定を決めていきます。

9時15分~11時00分 担当作業実施

プロジェクト内で割り振られた作業を行います。作業内容としては、シェルスクリプトの作成・システム稼働テストのシナリオなどです。基本的に自席で作業を行いますが、チームで一つの場所に集まり、会話をしながら作業することもあります。

担当作業実施

ミーティング

11時00分~12時00分 ミーティング

プロジェクトは基本的にチームを組んで行われます。週に一度チームでミーティングを行い、チームで作業の進捗状況の確認や今後の計画についての話し合いをします。


12時00分~13時00分 昼食

同期の社員と一緒に社員食堂で食事をとります。雑談もあれば、仕事に関する情報交換も行います。

昼食

資料作成

13時00分~14時00分 資料作成

14時から行われるミーティングの資料を作成します。ミーティングの議題をあらかじめ決め、どのようなことを話し合うのかについてあらかじめ考えておきます。


14時00分~16時00分 開発部署とのミーティング

本日2回目のミーティングです。今回は別の部署の方たちと議論を交わします。基盤部門と開発部門間の情報連携や、二つの部門が共同して作成するシステムの仕様に関して話し合いをします。

開発部署とのミーティング

ミーティング内容の反映

16時00分~18時00分 ミーティング内容の反映

ミーティングで取り決めたシステムの仕様について設計書にまとめます。設計書が完成した後は、設計書の内容をシステムに反映していきます。後日、システムが正常に稼働するかどうか確認するためのテストを実施します。


インタビュー

Q1.安達さんにとってD&Iの魅力は何ですか?

A1.D&Iの魅力は人材育成に力を入れていることです。新入社員研修をはじめ、金融系の研修・IT知識の勉強会などの学びの場を多く提供していただいています。多くの成長の機会を与えていただける企業だと思います。


Q2.D&Iの社員や会社はどのような雰囲気だと思いますか?

A2.社員同士の距離が近く、非常に和やかな雰囲気です。所属部の部長は定期的に面談を行ってくださるため、言いたいことを言えるような環境です。先輩社員は気さくな方が多く、良い人間関係を築くことができる職場だと思います。


Q3.仕事をする中で、一番大事にしている心構えは何ですか?

A3.チーム内での会話を欠かさないことです。
プロジェクトはチームで役割分担を行いながら進めていきます。
しかし、チーム内で考え方に相違があれば、進捗が滞る恐れがあります。
プロジェクトを計画通りに進行させるために、チーム内では頻繁に会話を行い、チームの意向を統一させることが重要です。


Q4.学生と社会人の一番の違いは何ですか?

A4.学生と社会人では「振る舞い方」が違います。
社会人ではビジネスにおける人間関係が多くなり、身だしなみや敬語の使い方などに気を遣うようになります。
ビジネスの場におけるマナーを身に着けることが社会人としての一歩だと思います。


Q5.学生の皆さんへ一言お願いします。

A5.ITの企業は未経験の方には敷居が高いものだと考える人も多いと思います。しかし、実際はIT未経験の方でも問題ありません。私は文系の学部出身で、ITの知識・経験はほとんどありませんでした。それでも、弊社の充実した研修や先輩社員の助力もあって業務をこなすことができています。未経験でもIT業界に興味のある方は、是非弊社の説明会にいらしてください。お待ちしています。


濵本 和宏さんの一日

濵本 和宏さんの写真

<プロフィール>

  • 氏名:濵本 和宏(はまもと かずひろ)
  • 部署:技術第一部
  • 入社年度:2015年度入社
  • 役職:ITエンジニア
  • 業務内容:基盤系システム構築・運用・保守

濵本さんの一日の流れ

濵本さんの一日の流れ

メール・作業確認

9時~9時15分 メール確認

出社後、先日夜から当日朝にかけて受信したメールをチェックします。
その後、必要があればメールへの返信、当日のスケジュールの
確認等を行います。


9時15分~11時00分 統合テスト

担当システムで新たに稼動させるプログラムを、テストサーバーで実際に動かしながら、不具合がないことを確認します。他のシステムとうまく連動できているか、漏れなく確認する必要がある為、注意力が必要な作業です。

統合テスト

プロジェクト進捗ミーティング

10時30分~12時 プロジェクト進捗ミーティング

担当プロジェクトの進捗確認ミーティングに参加します。
各タスクの進捗状況に問題はないか、新たな課題は発生していないかなど、
先輩方と話し合いながら洗い出していきます。


12時~13時 昼食

オフィスが入っているビルの地下2階が、カフェテリアになっています。
ここで、同期のメンバーや先輩方と昼食を頂くことが多いです。(ランチメニューは日替わり)
また、昼食後は隣り合った喫茶スペースでコーヒータイムを楽しまれる方もいらっしゃいます。

昼食

統合テスト

13時~14時30分 統合テスト

午前中に行った、統合テストの続きを行います。
1日で終わるようなテストは少ない為、基本的に数週間かけて、
少しずつテストケースを消化していきます。


14時30分~15時30分 定例チームミーティング

配属されているチームの定例ミーティング(週1回)に参加します。
この機会にチーム内で連携しておかなければならない情報や、各担当プロジェクトの 進捗状況について報告します。

15時30分~19時 手順書修正

統合テストでの検証をもとに、担当システムの運用手順書を修正します。
業務用のPCを使って手順書を修正し終わると、印刷してレイアウトを確認します。必要があれば、社内での引き継ぎ手続きも行います。

定例チームミーティング

インタビュー

Q1.濵本さんにとってD&Iの魅力は何ですか?

A1.金融系システムに特化して携わることが出来る点です。また、アプリ開発から基盤運用・保守まで、
幅広い仕事を経験する機会があります。皆さんがそれぞれの分野のエキスパートとして活躍されていますので、日々の仕事でも常に刺激を持って取り組むことで出来る点に、魅力を感じています。


Q2.D&Iの社員や会社はどのような雰囲気だと思いますか?

A2.プロジェクトのサービスインというゴール向けて、世代を超えてチーム一丸となることができる風土があると感じています。ベテラン・若手の垣根を越えて自らの思いを聞いて頂けるので、先輩のアドバイスの下、自身が活躍できる分野を確実に見つけることができると思います。


Q3.濵本さんにとってSEの魅力は何ですか?

A3.仕事を通して得ることが出来る知識・スキルが幅広い点です。システムの世界では、常に新しいものが
生み出されていますので、よいと感じたものは新しいものでも取り入れていくことで、自身の知識の幅も
広げることもできます。また、プロジェクトのサービスインという明確なゴールに向けてチームで
試行錯誤していくことの楽しさに、SEの魅力を感じています。


Q4.仕事をする中で、一番大事にしている心構えは何ですか?

A4.「お客様の目線に立って、システムを考える」という点を意識するようにしています。
同じチームの先輩から、「お客様が不具合なく業務を進められるかという目線で考える」ということを
アドバイス頂いたことがあります。システムが問題なく稼動するだけでなく、それを利用されるお客様、さらにはエンドユーザーの方々に信頼していただけるようなシステムを作り上げていけるよう、日々試行錯誤しています。


Q5.学生の皆さんへ一言お願いします。

A5.SEという仕事に対して、「専門的すぎて自分には出来ないかも」と思われる方もいらっしゃるかも
しれません。私も学生時代は経済学専攻でしたので、最初はシステムの基礎ですらほとんど分かりませんでした。
D&Iでは、システム初心者の方でもSEとして活躍できるような研修・育成制度が充実していますので、
同期のメンバーとともに切磋琢磨しながら、ご自身が目指すSEに少しずつ近づいていけると思います。
システムに興味がある方や、SEとして働いてみたい方は、ぜひD&Iの説明会にお越し頂ければと思います。


村居さんの一日

村居さんの写真

<プロフィール>

  • 氏名:村居 知紀(むらい ともき)
  • 部署:開発第三部
  • 入社年度:2015年度入社
  • 役職:ITエンジニア
  • 業務内容:りそなグループの法人向けのWebアプリケーションの保守をしています。
    現在は主に「設計」、開発」、「テスト」をメインで担当しています。

村居さんの一日の流れ

村居さんの一日の流れ

メール確認

9時~9時30分 メール確認

出社したら、まずメール確認をします。
メール確認が終わり次第、本日の会議の予定や、担当の仕事の期限を確認し、
1日のスケジュールを立てます。


9時30分~12時00分 テスト準備

テストを実施するために必要なファイルやデータの準備をします。
利用できるファイルやデータを再利用して、できるだけ効率よく準備するように
心掛けています。

テスト準備

チームミーティング

14時00分~14時45分 チームミーティング

週に1度、チームミーティングを実施しています。
チームミーティングでは、各案件の状況や連絡事項 等 メンバー間で情報共有を図っています。
問題や共有すべき情報が持っているまたは知っているときは
積極的に周りに伝えるように心掛けています。


13時~14時 , 14時45分~17時 テスト実施

午前中に準備したデータやファイルを使用して、テストを実施します。
テストの実施時は問題を見過ごさないように、必ずどこかに間違いや問題があるはずという目線でテストを実施ししています。

テスト実施

結果検証

17時30分~19時 結果検証

テスト実施した結果を自己精査しつつ、結果をまとめた資料を作成します。
結果をまとめた資料を作成するときは、精査者に時間がかからないように、
「見やすい」、「確認したポイントがわかる」資料の作成を心掛けています。


インタビュー

Q1.村居さんにとってD&Iの魅力は何ですか?

A1.まわりの人が親切であり、困ったことがあれば丁寧に指導していただける環境が魅力であると感じます。
また、様々な局面を経験させて頂ける機会があるので、自分のスキルアップする機会が多々あることも
魅力の一つと感じています。


Q2.D&Iの社員や会社はどのような雰囲気だと思いますか?

A2.とても親しみ深く、困ったことがあればすぐに助けてくださる素晴らしい環境だと思います。
また、上司に自分の意見が発言しやすく、風通しが良い雰囲気だと思います。


Q3.村居さんにとってSEの魅力は何ですか?

A3.様々な魅力はありますが、主に下記3点が大きな魅力だと思います。
①システムを作り上げる楽しさ
②システムが完成時の達成感
③そしてシステムが正常に動いた時の喜び


Q4.目標にする先輩社員はいますか?また、それはどんな社員です?

A4.複数います。
私が目標にする先輩社員の方々は共通して、SEの開発力またはマネージメント力があり、
お客様との調整できるだけの業務知識を持っている方です。
私も目標にする先輩方に近づけるように日々スキルアップをしていきたいと思っております。


Q5.学生の皆さんへ一言お願いします。

A5.仕事の説明会が受けることができるのは、この機会しかありませんので、様々会社説明会を受けることをお勧めします。
また、学生の内しかできないこともあるかと思いますので、悔いがないように頑張ってください。


藤澤さんの一日

藤澤さんの写真

<プロフィール>

  • 氏名:藤澤 達哉(ふじさわ たつや)
  • 部署:第一システム部
  • 入社年度:2015年度入社
  • 役職:ITエンジニア
  • 業務内容:某ネット銀行の勘定系システムの開発・保守を担当しています。現在は諸届(印鑑紛失・住所変更・氏名変更等の各種届)に関する銀行業務のコスト削減・効率化を目的としたプロジェクトに携わっています。
    2016年度現在

藤澤さんの一日の流れ

藤澤さんの一日の流れ

メール確認

9時~9時15分 メール確認

朝、会社に来てまず行うのがメールの確認です。メールは確認次第、できるだけ早く対応することを心掛けています。


10時~12時 設計レビュー

お客様に対して、作成した設計書の説明を行い、要件定義で決定したことが設計書に反映されていることを確認します。このレビューでOKが出ないと、次の開発局面には進めません。この日は私も設計書の説明を行いましたが、とても緊張しました。

設計レビュー

レビュー議事録作成

13時~14時 レビュー議事録作成

お客様との打ち合わせやレビューがあると、その内容を確認するためにも議事録を作成します。この議事録はお客様の目にも触れることになるため、誤字脱字、内容の誤りが無いことを念入りに確認します。


14時~15時 ミーティング

チームメンバーと課題や今後の予定を共有するためにミーティングを行っています。自分が携わっていないプロジェクトの状況を知る良い機会となっています。

ミーティング

設計書作成

15時~19時 設計書作成

新規追加される機能に関する設計書を作成します。この設計書をもとにプログラムを書くことになるので、システムの処理内容について(正確に書くのはもちろん)可能な限り詳細に記載することを心掛けています。


インタビュー

Q1 .藤澤さんにとってD&Iの魅力は何ですか?

A1.金融情報システムを開発の上流工程から保守まで担っているため、システム開発における全ての局面を経験できるところが大きな魅力です。その分、銀行の業務知識、ITスキルの両方を求められることになりますが、それに見合ったやりがいを仕事から得ることができます。


Q2 .目標にする先輩社員はいますか?また、それはどんな社員ですか?

A2. これまで所属していた部署において目標とする先輩がいます。
それらの先輩方に共通して言える特徴は、SEとしての開発スキルだけでなく、お客様に関する業務知識、プロジェクトをマネジメントする能力等、開発に関係する幅広い能力を持っていることです。これらの先輩方を目標に私も日々のスキルアップに励んでいます。


Q3 .仕事をする中で、一番大事にしている心構えは何ですか?

A3.普段から仕事の効率改善を意識することです。特に何度も行うような仕事は例え僅かな改善であっても、その積み重ねで大きな時間を節約することができます。
そしてその節約した時間を開発しているシステムの品質向上に向けられるのです。(もちろん、普段より早く帰ることができる、というのもありますが。)


Q4 .学生と社会人の一番の違いは何ですか?

A4.仕事をする内に生じる様々な責任だと思います。例えば、私がチームのリーダーからある仕事を任された場合、私には期限内に一定以上の質で完了させ、報告する責任を負うことになります。また、完了が困難であると思われる場合は、出来るだけ早い段階でリーダーに相談し、対応を検討する責任を負います。こういったことは、学生時代には中々経験できないものだと思います。


Q5 .学生の皆さんへ一言お願いします。

A5.色々な会社を見て回り、会社の人から説明を聞くことが出来るのは今だけの特権だと思います。皆さん自身が納得できる結果が得られることを願っております。


桒原さんの一日

桒原さんの写真

<プロフィール>

  • 氏名:桒原 良佳(くわはら よしか)
  • 部署:開発第三部
  • 入社年度:2011年度入社
  • 役職:ITスペシャリスト
  • 業務内容:新人研修終了後、りそなグループのホームページ運用を3年間経験し、 その後、モバイルアプリケーションや法人向けWeb アプリケーションの開発担当を経て、 現在は、りそなグループの営業店事務関連のWebアプリケーションを保守しています。
    お客様のご要望をお伺いし、どのようにシステム化できるか考え、実現していく事が主なお仕事です。

桒原さんの一日の流れ

桒原さんの一日の流れ

メール確認

9時~9時15分 メール確認

朝はメールチェックから始まります。その日のミーティングと、やるべき仕事を確認し、1日のスケジュールを立てます。原始的かもしれませんが、やるべき事はノートに書く派です。


9時15分~11時30分 お客様のご要望確認

お客様から機能追加のご要望を頂いているので、ご要望内容が記載された資料を確認。先日開催されたお客様との打ち合わせの内容も踏まえて、どのようにシステム化するかを考えます。

お客様のご要望確認

お客様からの照会対応

11時~12時 お客様からの照会対応

お客様から担当システムの操作に関する問い合わせがありました。銀行で毎日12時まで実施しなければいけない操作に関する照会だったので、急いで設計書やプログラムを確認して回答しました。その後、お客様から問題無く業務が進んだとの連絡があり一安心。


12時~13時 昼食

大阪本社ビルの地下には社員食堂がありますが、私は外に昼食を食べに行く事もしばしばあります。この日は近くのパスタ屋さんで先輩とランチしました。

昼食

後輩の目標達成度確認

13時~14時 後輩の目標達成度確認

D&Iでは、メンターと呼ばれる先輩社員が入社3年目までの若手社員の成長をサポートする制度があります。私はメンターをしており、月に1度、若手社員の目標に対する達成度を確認し、今後どのような仕事にチャレンジしてもらうかをチームリーダーと相談します。


14時~15時 チームミーティング

週に1回、チームミーティングをしており、各案件の進捗状況や課題をメンバーで共有します。メンバー間でサポートし合うために、”自分しか状況を知らない仕事”を作らないよう、この場で共有しておく事が大事だと感じています。

チームミーティング

資料作成

15時~19時 資料作成

午前中考えていたシステム化のイメージに基づき、お客様への提案資料を作成します。SEと聞くとプログラミングの印象が強いかもしれませんが、自分の考えている事をお客様や上司に説明する機会も多く、分かりやすい資料を作る事も重要なスキルです。


帰宅後 休日は所属部署の皆さんと遊びにいくことも・・・

当社の特徴でもあると思いますが、フランクな社風で、休日に会社の方たちと遊びに行く事もあります。(もちろん強制参加ではありません。笑)最近では、所属部署の方々とテーマパークに遊びに行ってきました。こういった仕事以外の繋がりも、仕事上のコミュニケーションの円滑さに繋がっているのではと感じています。

帰宅後 休日は所属部署の皆さんと遊びにいくことも・・・

インタビュー

Q1.桒原さんにとってD&Iの魅力は何ですか?

A1.入社してみて感じるD&Iの魅力は大きく3つあります。

  1. システムエンジニアとして、幅広い経験ができる
    システム開発の流れとしては、要件定義→設計→開発→テスト→本番移行と、大きく5つのステップに分かれています。
    “IT企業”と一口に言っても、会社によって経験できる範囲は異なり、上記5ステップの一部しか経験できない会社もあります。D&Iでは要件定義から本番移行まで全ての局面に携わる事ができます。幅広い経験ができる分、システムエンジニアとして広い視野で将来のキャリアを考えることができます。
  2. 程よい規模の会社であり、個人が主体的に仕事に取り組める
    社員は300人程(2016年時点)であり、大企業ではないからこそ、個人の会社に対する影響力が大きいと感じます。また、フランクな社風も相俟って、個人の意見も言いやすく、尊重してもらえます。特に、私の所属している部署は年齢層が若く、若いうちから案件の主担当等、責任ある仕事を任せてもらえます。プレッシャーに感じる事もありますが、成長できる環境だと感じています。
  3. 子育てと仕事が両立できる環境が整っている
    私は結婚、出産に関わらず、仕事を続けたいと思っていたので、子育てと仕事が両立できることは、就職活動時、会社を選ぶ上で必須条件でした。D&Iでは結婚、出産をしても、産休/育休制度を利用して仕事を続けることが“普通”という考え方が根付いています。実際に、子育てと仕事を両立されている先輩が社内にたくさんいらっしゃるので、不安に思う事はありません。

Q2.D&Iの社員や会社はどのような雰囲気だと思いますか?

A2.“あたたかい”の一言に尽きます。役職や年次に関わらず、気さくに話してくださる方が多く、困った時には、助け合う雰囲気があります。時には厳しく指導いただく事もありますが、期待してくれているからこそだと感じています。


Q3.桒原さんにとってSEの魅力は何ですか?

A3.なんといっても、お客様を含めたチーム全員でシステムを作り上げる楽しさだと思います。 思い通りいかない事は日常茶飯事ですが、だからこそうまくいった時の楽しさがあります。 一人一人が作ったプログラムが繋がって、1つの機能となり、それを何十万人が使うと思うと、 責任は大きいですが、やりがいも大きいと感じています。


Q4.仕事をしていて、楽しいと感じるときは?

A4.SEの魅力としても前述しましたが、チーム一丸となって作った機能がトラブル無く動いた時は、非常に達成感を感じます。 SEは、“過酷”、“残業が多い”というイメージを持たれがちです。これは全くの間違いではなく、トラブルが起きたり、局面によっては正しいイメージでもあります。ただ、苦労した分、無事プロジェクトが成功した時は、喜びも一入です。プロジェクト終了後には打ち上げをする事もあり、メンバーと苦労話をしながら美味しいご飯を食べるというのも楽しい瞬間の一つです。


Q5.学生の皆さんへ一言お願いします。

A5.私自身、就職活動時には、「仕事した事もないのに、どの仕事をしたいか決めるなんて難しい」と悩んでいました。ただ、会社説明会等でお会いする社会人の方々を見て、「かっこいい!」「こんな働き方素敵だな」と思う瞬間がありました。なぜ自分がその人を“かっこいい”、“素敵”だと感じるのかを考えてみると、自分のなりたい姿のヒントになるのではないでしょうか。是非、就職活動のチャンスを生かして、色んな方と会って話を聞いてみてください!


山北さんの一日

山北さんの写真

<プロフィール>

  • 氏名:山北 亘(やまきた こう)
  • 部署:技術第三部
  • 入社年度:2011年度入社
  • 役職:ITスペシャリスト
  • 業務内容:お客様および一般顧客様に係るインターネット接続基盤の運用保守お客様のセキュリティに係る提案および案件の推進

山北さんの一日の流れ

山北さんの一日の流れ

メール確認

9時00分~9時30分 メール確認

現在の部署での仕事は、さまざまな関係者の取りまとめの立場となることが多いです。そのため、メールのやり取りも円滑にすることを意識しています。


9時30分~10時30分 チーム会議

進行している案件についてチーム内で仕事の状況確認を行います。仕事の進みが良くないなど問題がある場合は、チームメンバーに助けてもらうこともあります。

チーム会議

社外調整

10時30分~12時00分 社外調整

現在担当している案件は多くの関係者がいます。多くは関東にいらっしゃる方なので、電話やTV会議などで案件に係る報告や相談などを行います。


12時00分~13時00分 昼食

オフィスには食堂があり、そこで同期と食事をとることが多いです。毎日異なるメニューで、好物が出る時はテンションが上がります!食後のコーヒータイムを経て午後も頑張ります。

昼食

資料作成

13時00分~15時00分 資料作成

お客様から依頼のあった新しい案件について、D&Iから提案を行うこともあります。社内や他社も関わるもので、事前検討のため資料を作成します。


15時00分~16時00分 打ち合わせ

お客様へ提案する案件について、社内他部署の協力を得ることが多くあります。どのような案件かを説明し、対応してもらう事項について必要な所要期間など見積を依頼します。

打ち合わせ

資料の確認会

16時00分~18時00分 資料の確認会

新しい案件のお客様提案資料について、チーム内で確認をしてもらいます。多くのアドバイスを頂き、資料を洗練するとともに、自分の成長へ繋げます。


インタビュー

Q1.山北さんにとってD&Iの魅力は何ですか?

A1.文系出身でも安心です!半年間ほどの新入社員研修。研修でIBMグループ会社の同期との人脈を築けました。なんと言っても人が良いです!時には厳しく、時には優しく。後輩の成長を第一に考えてくれる先輩がいます。私も後輩指導を任されていますが、同じように魅力的な先輩となれるよう精進する日々です!


Q2.どんな後輩社員といっしょに働きたいと思いますか?

A2.何事にも興味を持って取り組めるような社員だと良いなと思います。業界全体に言えることかと思いますが、技術の進歩は日進月歩です。新しいことを貪欲に吸収する姿勢は大事だと考えます。
"元気"であると良いなと思います。教える側も教えられる側も元気がないと続きません。積極性を持って周りからも愛されるような社員だと、私含め、会社を"より"元気にできるのではないかと思うためです。


Q3.仕事をする中で、一番大事にしている心構えは何ですか?

A3.バランスを保つこと、メリハリをつけることです。どのような仕事、人生においても言えるとことかと思います。
仕事をしていると大変な場面に見舞われることもあります。大変な時に頑張ることはもちろん必要です。
ただ、その後には休息を取ることも大事です。エンジニアの仕事はチームプレーです。チームが大変な時は皆で頑張る。自分が大変な時にはチームに助けてもらう。そのような働き方ができる仕事だと感じています。


Q4.仕事をしていて、楽しいと感じるときは?

A4.新しい技術を学び、仕事に繋がっていくことを実感できる瞬間です。IT技術は日進月歩で変化していくものです。技術に追いついていくことは大変ですが、学んだ分だけ仕事に活かすことができるのが日々のやりがいでもあります。
多くの人と進める仕事は楽しいです。多くの人が関わる分意思疎通が難しいこともあります。ただ、自分ひとりだけでなく多くの人を巻き込みながら仕事を進めていくのは楽しいものだと実感しています。


Q5.学生の皆さんへ一言お願いします。

A5.就職活動は大きな転機だと思います。うまくいかないことも多くあると思います。
しかし、決して焦らず、皆さんが自身の価値観を明確にし、自分のしたいことを仕事にできることを願っています。弊社ホームページをご覧になって少しでもD&Iに興味をもたれた方、ぜひ一度当社にお越しください!


天羽さんの一日

天羽さんの写真

<プロフィール>

  • 氏名:天羽 雄二(あもう ゆうじ)
  • 部署:開発第四部
  • 入社年度:2001年度入社
  • 役職:ラインマネージャー (Advisory Project Manager)
  • 業務内容:企業年金業務に関連するシステムの開発・保守を担当しています。同時並行で進められる複数プロジェクトの推進/管理と、メンバーの人事管理が主な仕事です。

天羽さんの一日の流れ

天羽さんの一日の流れ

メンバーとのコミュニケーション

9時00分~10時30分 メンバーとのコミュニケーション

メンバーからの報告メールで課題を抱えていることが分かった場合などは、直接メンバーと会話して状況を確認したり、一緒に考えるべきことがないか等のコミュニケーションを取ります。
文字だけのコミュニケーションでは伝わりにくいことは、直接メンバーと会話して認識違いや判断ミスをしないようにします。


13時00分~14時30分 レビュー

チームリーダーやプロジェクトマネージャからプロジェクトの状況報告を受け、プロジェクトが順調に進んでいるかレビューをします。課題や問題がある場合は、解決策をリーダーと一緒に考え、プロジェクトが正常な状態に戻るよう対策を打ちます。

レビュー

研修受講

17時30分~19時00分 研修受講

今日はIBMのプロジェクトマネジメントコミュニティが主催するセミナーがありました。テーマは最新技術を使用したプロジェクトの事例紹介で、成功事例や失敗事例を学びました。
セミナーは東京箱崎で行われましたが、今回はIBMのWebカンファレンスの仕組みを利用して、千里からリモートで参加しました。
IBMでは仕事が忙しくても参加しやすいように、業務時間外に短時間の研修やセミナーが開催される場合があり、D&I社員も自由に参加できます。


インタビュー

Q1.天羽さんにとってD&Iの魅力は何ですか?

A1.別のITベンダーのパートナーや下請けとしてではなく、お客様と直接やり取りをしてプロジェクトを遂行できることです。それだけ責任も大きくプレッシャーを感じることもありますが、成功裏にシステム開発が終えられた時の喜びはとても大きいです。


Q2.D&Iの社員や会社はどのような雰囲気だと思いますか?

A2.組織としての階層がとてもフラットな会社だなといつも思います。社長も社員と同じフロアに席を並べていますし、とてもフランクな会話が日常的に行われています。


Q3.天羽さんにとってSEの魅力は何ですか?

A3.仲間ができることです。
SEは一人でPCに向かって一人で仕事をするのではなく、チームで1つのシステムやアプリケーションを作り上げていきます。うまく行かない時は意見の衝突もありますが、助け合って分からないことは教え合ってそれを乗り越えます。このように切磋琢磨するチームで仕事をすると、仲間と呼びたくなる人たちがどんどん増えていきます。


Q4.仕事をしていて、楽しいと感じるときは?

A4.あまりないですが (笑)
まじめに答えると自分のやったことが認められる時ですね。自分で作ったプログラムでお客様に満足いただいた時、作った資料について分かりやすいとお客様のお褒めいただいた時、さすがですねと言われた時、ちょっとしたプロセス改善の提案が受け入れられた時、チームの一員として自分が認められた時。大小様々ですし具体的なことから感覚的なこともあります。逆に報われないことも多々あって、むしろこちらの方が多くて、これは仕事の難しさですね。 仕事を楽しいと感じるポイントはこんなところかなと思います。


Q5.学生の皆さんへ一言お願いします。

A5.金融やITの知識/スキルは入社後でも問題ありません。今は今しかできないことに熱中して欲しいと思います。社会人になると"まとまった"時間を取ることが難しくなってくるので、就職活動が落ち着いたらそういう時間を大切にして欲しいです。私はやれなかったのですが、今になって後悔していることを最後に紹介してインタビューを終わりたいと思います。

  • 2週間くらいかけてヨーロッパ周遊
  • 雪山のロッジやホテルで住込みのアルバイトをしながらスノーボードに明け暮れる

最後の学生生活が充実したものとなるよう、何らかの参考になれば幸いです。


メールでお問い合わせ

このページに関するご意見・ご質問はこちら


2019年エントリー情報

新卒採用エントリーはこちらから