クラウド・サービス

変化に対応してイノベーションを推進する

効率性の高いインフラストラクチャーを構築・管理できます

クラウド・サービス

変化に対応してイノベーションを推進する効率性の高いインフラストラクチャーを構築・管理できます

クラウド、ソーシャル、モバイル、アナリティクスといった技術の進歩により、ITインフラストラクチャーに対する要求はますます厳しくなっています。IBMのクラウド・サービスを利用すると、従来のシステムとクラウドなどの新しいアーキテクチャーを統合して、オープン・スタンダードを構築することができます。IBMは、Software-defined環境の構築を支援しています。この環境では、専門家の知見をパターン化することにより、ワークロードの要件に基づいてインフラ資源を自動的に予測して配備することができます。

統合と仮想化

使用率を向上し、フロア・スペースの最適化、標準化を実現

最適化と標準化

配備を単純化し、複雑な管理作業を削減、自動化基盤を構築

簡素化と自動化

繰り返し可能なプロセスを簡素化し、人手による作業を削減

ハイブリッド ITを動的に最適化

ワークロード要件の変化に合わせてリソースを予測、増減

参考資料

【事例】富士フイルム株式会社

従来オンプレミスのプライベート・クラウド環境で運用してきたIT基盤の、パブリック・クラウドへの移行を推進する同社。IBM Cloud上でVMwareを構築する「VMware on IBM Cloud」を採用し、ビジネス環境の変化に柔軟に対応可能なハイブリッド・クラウド環境を構築。

企業のハイブリッドITへの変換を確実に実現

この IDC アナリスト・レポートでは、ユーザー企業がマネージド・サービスを活用してハイブリッド ITへに転換するための基本となる3つの領域について検討します。

ITインフラストラクチャーにおけるクラウド、アナリティクス、モバイル、ソーシャル、セキュリティーの影響

急速に発展する現代のテクノロジーがインフラストラクチャーにどのような影響を与え、いかに俊敏性が求められるかについて解説します。

電話番号:0120-550-210