昨今、テクノロジーの進化とともに、多くの企業においてITの役割は重要な転換期を迎えており、事業に貢献する「攻めのIT」重視へとシフトしています。これを実現するため、従来のシステム、ネットワークに、コグニティブ・クラウドやモバイル、IoT、セキュリティーなどの技術を導入した新たなシステム環境の実現に向けて、異機種混在環境はさらに多様化・複雑化する傾向にあります。

このような状況の中で、さまざまなITシステムの一元的な運用保守の実現と効率化・簡素化はIT部門が直面する課題です。一方、事業成長を継続するため、万一の場合に備えてシステムの可用性と信頼性を強化することも重要です。

本セミナーでは、企業が戦略的な視点で複雑なIT環境の課題を解決し、ITシステムの安心・安全な運用保守を維持するための次の一手となるITインフラ・トータル・サポートの攻略法について、具体的な解決策や事例を交えながらご紹介します。

開催概要


開催日時

2017年7月13日(木曜日) 15時~17時(受付開始14時30分)


会場

日本アイ・ビー・エム株式会社 本社事業所(箱崎)


参加費

無料(事前登録制)


対象

IT部門責任者、データセンター・システム管理者、その他 ITシステムの運用保守全般に携わる意思決定者の皆様


お申し込み

当セミナーは事前登録制となっております。以下よりお申し込みください。

IBMアクセスセンター TEL:0120-550-2100120-550-210

受付時間:9時~17時(土曜日、日曜日、祝日を除く)
*お問い合わせの際は「7月13日 TSSセミナーの件」とお申し付けください。


プログラム


15時~
15時15分

オープニング

~企業の成長を支えるこれからの戦略的な ITインフラ・ビジョン~
ITシステムにおけるテクノロジー・ サポートの重要性

日本アイ・ビー・エム株式会社
GTS事業本部 TSS事業統括
バイス・プレジデント 渡辺 公成


15時15分~
15時55分

特別対談 (お客様 x IBM)

~ITインフラ保守環境の課題を解決し本業ビジネスをご支援~
テクノロジー・サポートの効果的・効率的な活用術

お客様(調整中)
   x
日本アイ・ビー・エム株式会社
GTS事業本部 TSS事業統括
バイス・プレジデント 渡辺 公成


16時5分~
16時35分

複雑な異機種混在IT環境の運用保守の課題の戦略的な解決方法

~IBMのトータル・テクノロジー・サポート・ソリューション~
多様化・複雑化するIT環境のシステムの安定稼動と一元的な運用保守サポートを実現する具体的な事例をご紹介

日本アイ・ビー・エム株式会社
テクノロジー・サポート・サービス事業統括
マルチベンダー・サポート 部長 
大橋 栄次


16時35分~
16時55分

より安心安全なシステム運用を実現するために

~コグニティブ・テクノロジーを利用したより高度な運用の実現に向けて~

日本アイ・ビー・エム株式会社
クラウド事業本部
ITサービス・マネジメント・エヴァンジェリスト
澤 崇


セミナー終了後、個別質問、ご相談も承ります。

※講師、テーマなどは事前の予告なく変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。


過去のセミナー

2017年5月19日

【大阪開催】複雑なITインフラ保守運用にIT部門の対応として求められるものとは


2017年3月2日

【東京開催】複雑なITインフラ保守運用にIT部門の対応として求められるものとは




2016年3月3日

IBMテクニカル・サポート・サービス
Next Action for 2016

お申し込みページへアクセスできないお客様へ

お電話でお申し込み

※「7月13日 TSSセミナーの件」とお申し付けください。


e-メールでお申し込み

メールに以下の情報を記入の上、上記のe-メール・アドレスに送信ください。IBMアクセスセンターより受信ご確認のご連絡をいたします。

送信タイトル:「7月13日 TSSセミナーの件」申し込み
【必須事項】
セミナー参加希望日:
ご氏名(漢字):
部署・役職:
ご連絡先e-メール・アドレス:
電話番号:
勤務先会社名または所属団体名:
勤務先郵便番号:
勤務先住所:

セミナー内容は予告なく変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
定員となりました場合はお断りのご連絡をさせていただく場合がございます。ご了承ください。

■お問い合わせ
IBMアクセスセンター
電話番号:0120-550-210 0120-550-210
受付時間:9時~17時 (土曜日、日曜日、祝日を除く)
※お問い合わせの際は、「7月13日 TSSセミナーの件」とお申し付けください。