システム停止の時、復旧できる自信はありますか?

  • 通常運用は自動化されているが、復旧作業は手動で時間がかかる
  • 復旧対策はシステムごとに管理方法が異なる
  • リハーサルは、事前準備が大変で、日程調整も難しくなかなかできない
  • 復旧対策要員が現地に到着しないと復旧できない

IBM レジリエンシー・オーケストレーションは、
目標とするシステム復旧ポイントと復旧時間を自動化と運用監視により、ビジネス主導の成果として達成します。

システム復旧プロセスのオーケストレーションが、いかにワークフローの自動化を向上させ、リスクとコストを低減させることができ、ハイブリッド・クラウドと従来型の環境にわたって、システム復旧プログラムの信頼度を向上させるかについてご覧ください。
(日本語版ソフトウェア:2017年11月1日より提供開始)

常にシステム復旧の準備はできています

集中管理されたダッシュボードからアプリケーション、サーバー、データベースによる環境の変化を検出します。

システム復旧テストの自動化

システム復旧のテストを実施するために必要な運用コストとIT担当者のワークロードを削減します。

システム復旧をビジネス・プロセスを考慮したレベルに引き上げました。

IBMのRecovery Automation Libraryが提供する400以上の事前定義済みのパターンを使用して、アプリケーション・リカバリーを検証します。

規制要件への対応

システム復旧のコンプライアンスに関する報告書や文書を生成して、ビジネス要件や規制要件に対応します。

電話:0120-550-210

電話:0120-550-210

電話:0120-550-210

こちらもご覧ください

YouTubeLinkedInブログ