特徴

都市のダイナミズムを捉える

都市のダイナミズムを捉える

企業の成長と著しい経済価値を創造

クラウド型のコグニティブな洞察

クラウド型のコグニティブな洞察

大容量のデータを取得、キュレーションし、対象となるビジネスアクションのための高度な分析を実施

業界別、業務別のフロントシステム

業界別、業務別のフロントシステム

業務システムとシームレスに統合しながらモバイルなどさまざまなデバイス間で直感的な操作が実現

業種別活用例

銀行業

銀行では、お客様の取引パターンと周辺のイベント(コンサート、スポーツイベントなど)とを組み合わせることで、どのATMが、いつ高い需要を見込めるかを予測することができます。

消費財

飲料企業では自動販売機の配置の最適化が可能になります。そして、天気やローカル・イベントなどに基づいて、商品構成の最適化が可能になります。

保険

保険会社は、地域の特性(世帯・年齢などの住民の特徴など)を基に保険商品のレコメンデーションが可能になり、マーケティング活動に役立てることができます。

小売

小売業はトレンドを把握しながらお客様に対応し、需要データを蓄積することで、在庫切れを回避し、店舗全体でリアルタイムで消費者の声を取得し、分析することができます。

通信メディア

ネットワークサービス企業では、お客様の声や天候や特別なイベントを分析し、需要の変化を捉え、トラフィックが集中するネットワークエリアを特定し、迅速に改善することができます。

旅行運輸

ホテルチェーンは将来の需要予測に基づいて、ホテル内のアメニティサービスや価格に対するお客様の要望を評価することで、稼働率の向上が可能になります。

根元 良一

コンサルタント紹介
日本アイ・ビー・エム株式会社
コグニティブインダストリー事業 流通 担当部長
根元 良一

25年以上のIT業界経験を有し、サン・マイクロシステムズ(現オラクル)、Symantec、日本CAなどでプロフェッショナルサービス部門の立ち上げを担い、部門長としてマネジメント職を務める。流通、製造、金融などのお客様向けソリューションセリングの経験を持ち、IBM入社後はアナリティクス、コグニティブソリューションを主に担当、お客様にソリューション提案を推進している。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

受付時間:平日 9時から17時
(祝日および12月30日から1月3日を除く)