IBMが目指す真の働き方改革とは?

「残業時間の削減」や「ワークライフバランスの実現」を目的に『働き方改革』という言葉は、またたく間に日本中に広まりました。少子高齢化による労働力減少や、他の先進国と比較した労働生産性の低さが指摘され、気がつけば「グローバルでの日本の競争力を高めるには」という問いを直視せざるを得なくなりました。そのような背景の中IBM自身、100年を超える歴史のなかで常に時代が求めるサービスや製品を提供し、自身も自社の変革を進めながら、同時に働き方も改革を続けてきました。IBMは、グローバルの視点から見た、日本企業が本当に取り組むべき、「経営的な観点での真の働き方改革」を推進し、企業が競争力を高め、生き残るための「未来の働き方」=Future of Workをお客様と共に描きます。

石田 秀樹のイラスト風写真

働き方改革への取り組みを簡易診断します

貴社の「働き方改革」の取り組みは、現在どの状況にありますか?今後、改革を推進していくための打ち手とは何でしょうか?
働き方改革に関する貴社の取り組み状況を4つのタイプに分類し、診断します。

お客様事例