ITユーザー環境を変革してパーソナライズし、現在と将来の要件に対応するために予測して行動するインテリジェントかつスケーラブルな高セキュリティーのワークプレースを実現します。

概要

これからは、Watsonにより、どのデバイスでも、いつでもどこでもエンド・ユーザーをサポートできるようになります。IBMの革新的なサポート・モデルは、サービス・デスクをアナリティクスやWatsonの変革的なコグニティブ機能と統合します。

Watsonは、あらゆる対話を理解して学習し、新たな可能性を提案します。Watsonが対話から学習するたびに、このパーソナライズされたユーザー・エクスペリエンスは向上し続けます。ユーザーのダウン時間は短くなり、生産性は向上し、ビジネス上の成果を高めることができます。

ユーザーがいつどこでどのようにして、それぞれにパーソナライズされたサポートを受けるのかを管理できます。

ビデオを視聴する(英語, 2分40秒)

主要な機能

  • コグニティブはパーソナライズされたエクスペリエンスを能動的に提供。 IBMのWatsonは各ユーザーをチケットではなく個人として扱います。個々のデバイス、場所、アプリケーションについて持続的に学習します。(日本語提供予定)
  • 時間も場所も問わないサポート。 ユーザーは、必要とする状況に応じた時間と方法でデバイスに対するサポートを利用できます。サポートのオプションは、ライブ・チャットやセルフサービス・ポータルから立寄り型の窓口サポートまで広範囲にわたります。
  • クラウドのために構築。 グローバル・サポートでは、ライブ・テキスト・チャット、デスクトップへのリモート・テークオーバー、自動パスワード・リセットなどのクラウド・ベース・サービスやツールを用いて、最適なサポート・エクスペリエンスをユーザーに提供します。

ビデオを視聴する

Workplace Support Services with Watson

IT ユーザー・サポートの新しい方向性:コグニティブ時代におけるオムニチャネル・エクスペリエンスの実現へむけて

ビデオを視聴する

エンタープライズ・モビリティーとデジタル・ワークプレース