ストレージ環境を最適化してコストを削減し、作業効率を改善することができます。

 

デー タが急速に増大し、ITが急成長する今日においては、ストレージ環境を最大限に活用することが重要です。IBMでは、ストレージ最適化と統合サービスにより、お客様のストレージ・インフラストラクチャーの機能向上を支援するための対話式アプローチを提供していま す。IBMのサービスは、デバイスを統合または整理して、お客様のストレージの階層化を向上させ、有効容量を増やすことを目的としています。さらに、コスト削減とビジネス需要に応じたスケーリングを支援するために、お客様のストレージ環境を仮想化することもできます。また、お客様のストレージ・インフラストラクチャーに対してインテリジェント・データ分析を行うことにより、データをそのライフサイクル全体を通してより適切に管理できるようにします。

ストレージ資産の最適化

将来に向けた基盤を築きつつ既存のテクノロジーを活用します。

コストの削減

未使用ストレージ・スペースを再利用して非効率性を解決することにより、コスト削減を強化します。

効率的な割り振りをサポート

プロビジョニング、バックアップ、複製、保存を最適化するために使用できる標準を確立します。


課題を知る

ビデオを見る(YouTube, 2分48秒)

ストレージの責務

Laura Richardsonが、考え得る最も費用対効果が高い方法で、ビジネスのニーズを提供するストレージの責務について説明します。

ストレージ要求の仕組みを単純化してストレージ・コストを低減

非効率的なストレージ管理には、オーバープロビジョン、不正確な階層化、高いコストが付きものです。効率性はプロセスの標準化に依存しますが、必要なガバナンス・フレームワークの確立は、複雑でコストがかかります。IBMストレージ・サービス・テクノロジー・エグゼクティブのLaura Richardsonは、IBMのIntelligent Storage Service Catalog(ISSC)と、ストレージ要求を予測可能で反復可能にすることによるコストと効率性のメリットについて説明します。


解決策を知る

よりスマートなストレージ管理を行うための計画

自動化とアナリティクスにより、ストレージ環境を最適化することができます。

指数的に増大するストレージ需要にコストを抑えて対応する方法

IT 部門は総力を挙げてデータの膨大な量と速度を管理しようとしています。IBM Director、データセンター・サービスの中核的研究拠点のBarry Beckerが、Storage Infrastructure Optimizationが支援できる方法について紹介します。ストレージのコストを削減し、1年で最大20%から25%の節約、3年から5年で最大50%の節約をもたらす方法を説明します。

ストレージ統合サービスと仮想化サービス

超過割り振りされたストレージ・スペースと未使用のストレージ・スペースを統合し、ストレージ環境を仮想化できます。エンドツーエンドの戦略を使用して、IBMの専門家がストレージ管理の非効率性を識別し、ストレージ環境を再構築して、使用効率を向上させます。

#IBMServicesをフォロー