SDEの実現に向けたIBMの
戦略的アプローチとロードマップ

SDEの実現に向けたIBMの戦略的アプローチとロードマップ

Software Defined Environments(SDE)への取り組み

統合と仮想化

インフラストラクチャーの複雑化を抑えてコストを低減、効率化します

データセンターの拡大・複雑化により、多くの課題が生じています。インフラストラクチャーの複雑化、運用コストの増大、柔軟性の欠如などの課題は、ほんの一例でしかありません。インフラストラクチャーの統合と仮想化は、さらに最適化されたクラウド環境のためのデータセンター構築の第1ステップです。ITサービスとワークロードの評価と合理化から始めることが大切です。データセンターの最適化は、エネルギー、コスト、スペース、人件費を節約し、資産を有効に活用できます。



システムの統合
IT資産の最適化により、インフラストラクチャーの複雑化を防ぎます。



資産の仮想化
エネルギー需要を減らし、キャパシティを拡張してクラウド・コンピューティングの基盤、さらにはソーシャル、モバイル、アナリティクス基盤を構築します。



コストの抑制
データセンターにおける非効率性を排除して、エネルギー、コスト、スペース、人件費を抑えます。

統合と仮想化ソリューション

サイト、ファシリティーおよびデータセンター・サービス

ビジネスの拡大を実現するために、増加する可用性に対する需要に対応して、時間を節約し、経費を節減します。

サーバー最適化&統合サービス

より高度に統合された柔軟かつ事業継続性のあるサーバー環境の評価、計画、設計により、現在、そして将来も市場の変化により素早く対応することができます。

最適化と標準化

データセンターにとって最も重要なサービスとワークロードを特定します

IT環境のサービスの最適化と標準化は、戦略的なデータセンターの構築の鍵となります。ビジネスへの影響度を測定するアセスメント・サービスは、お客様のワークロードを分析して、サービスの優先順位付けを支援します。ワークロードを最適なプラットフォームに割り当て、サービス層にセグメント化することで、コスト、リスク、管理の複雑性を低減し継続するサービスについては、標準ポリシーを作成し、自動化や、究極的にはクラウド・コンピューティング、ソーシャル、モバイル、アナリティクスなどのテクノロジー基盤を築くことができます。



サービスの最適化
サービスの継続/停止の判断のための優先順位付けを支援します。



標準ポリシーの設定
反復タスクを一貫して確実に実行するための手順を確立します。



自動化に向けた準備
自動化とクラウド・コンピューティングの基盤を構築し、ソーシャル、モバイル、アナリティクスの機能をサポートします。

最適化と標準化ソリューション

サービス・マネージメント・サービス

実践可能な ITサービス戦略の策定、設計、テスト、開発を行います。

ネットワーク・インテグレーション・サービス

可用性、信頼性、パフォーマンス、セキュリティーの向上に向けてネットワーク環境を変革します。

サーバー最適化&統合サービス

より高度に統合された柔軟かつ回復力のあるサーバー環境の評価、計画、設計により、現在、そして将来も市場の変化により素早く対応することができます。

簡素化と自動化

マニュアル作業を減らしてデータセンターの柔軟性を高めます

マニュアル・プロセスの簡素化と自動化により、一貫性を高めてエラー率を減らすことができます。セルフサービス・ポータルからアクセス可能な、標準化されたサービス・カタログの提供により、自動化され、より効率的にIT資産をプロビジョンして拡張することができます。IBMは、データセンターの簡素化と自動化を支援します。企業の生産性の向上と、クラウド、ソーシャル、モバイル、アナリティクスなどのテクノロジーの活用を促進します。



プロビジョニングと管理の簡素化
クラウド・コンピューティング基盤の構築により、サービス・デリバリーを簡素化し、システム管理者の負荷を軽減します。



コスト低減とパフォーマンス向上
反復可能で一貫性のあるプロセスを使用することで、エラーや遅延によるコスト増大を抑制します。



柔軟性の向上
データセンターを自動化することで、アプリケーション開発とテスト間など、より簡単にサービスを引き渡すことができます。

簡素化と自動化ソリューション

インフラストラクチャー・ストラテジー&デザイン・サービス for クラウド・コンピューティング

クラウド・コンピューティングの最適な実装に向けたロードマップを作成します。

インテグレーテッド・マネージド・インフラストラクチャー (IMI)・サービス

インテグレーテッド・マネージド・インフラストラクチャー(IMI)により、ビジネスの柔軟性、効率性、スケーラビリティーを得られます。

ハイブリッドITを動的に最適化

Software Defined Environmentによってインフラストラクチャーを動的に割り当て、効率化します

新しいテクノロジー・トレンドが、データセンターに新たなアプローチを必要としています。Software Defined Environment(SDE)に移行すると、競争優位性を得られます。SDEは、アプリケーション要件、可用性、サービス・レベルのポリシーに基づいてインフラストラクチャーを動的に最適化します。コグニティブ・コンピューティングとアナリティクスを活用して、経験から学習し、今後に向けたシナリオを準備します。IBMは、データセンターに動的なハイブリッドのアプローチを採用する上で役立つサービスを提供します。企業は、クラウドでさらに広範囲に運用しながら、モバイル、ソーシャル、アナリティクスなどの先進テクノロジーを活用できます。



応答の最適化
コンピュート、ストレージ、ネットワーク、ファシリティのインフラストラクチャーを最適化し、ワークロードの特性に応じて効率化します。



クラウドでの運用
アプリケーションとプロセスを物理インフラストラクチャーから解放して、クラウドで運用し、柔軟性を高めるとともに、セキュリティーとコンプライアンスを管理します。



将来のワークロードに向けた準備
SDEは、コグニティブ学習を使用して、ワークロードを調整し、将来の要求を簡素化できるように関連ポリシーを更新します。

ハイブリッドITの動的な最適化ソリューション

ハイブリッドクラウド構築サービス

ハイブリッド・クラウドをOpenStackベースで安全・確実に構築します。

Software Defined Networking

ネットワークを仮想化して中央制御の仕組みを作り出し、よりアジリティと柔軟性に富むネットワーク・サービスを実現します。

インテグレーテッド・マネージド・インフラストラクチャー (IMI)・サービス

インテグレーテッド・マネージド・インフラストラクチャー(IMI)により、ビジネスの柔軟性、効率性、スケーラビリティーを向上します。

参考資料

ハイブリッド環境への企業の変革を実現

この IDCアナリスト・レポートでは、ユーザー企業がマネージド・サービスを活用してハイブリッドITに変換するための基本となる3つの領域について検討します。

クラウド・コンピューティングに対応したデータセンターのネットワーク・セキュリティー

スケーラブルで高セキュリティーのネットワークにより、クラウド・コンピューティングを実現します。

ITインフラストラクチャーにおけるクラウド、アナリティクス、モバイル、ソーシャル、セキュリティーの影響

データセンターが、急速に収束しているテクノロジーに圧倒されていませんか?
急速に進歩する現代のテクノロジーがインフラストラクチャーに与える影響、およびテクノロジーを十分に活用するために必要なアジリティの普及について調べます。

 
 

IBMServices をフォローする

Youtube