Software Defined Networking

Software Defined Networking

クラウドを活用したワークロードの迅速な導入が、それほど難しいはずはありません。

クラウドを活用したワークロードの迅速な導入が、それほど難しいはずはありません。

Software Defined Networkingはどのように役立つのか?

クラウド、ビッグデータ、モバイル、ソーシャル、セキュリティーといったトレンドのテクノロジーの導入を妨げているのは、お客様のネットワークかもしれません。
Software Defined Environmentの一翼を担うSoftware Defined Networking(SDN)ソリューションは、お客様のネットワークを仮想化して中央制御の仕組みを作り出し、より俊敏で柔軟性に富むネットワーク・サービスを実現します。Software Defined Networkはオープン・スタンダードを基盤としており、以下をご支援します。

  • 数分でネットワークの配備を完了させ、市場に出すまでの時間を短縮
  • 自動制御によって管理の複雑さを軽減し、運用費を削減
  • ソフトウェアにパターンを挿入することにより、セキュリティーを強化
  • クラウドのリソースを利用しやすくして、イノベーションを推進
  • アナリティクスを利用できるアジャイルなプラットフォームを構築し、ビジネスに直結する実用的な洞察を得る
動画を見る(日本語字幕, 3分19秒)

SDNへの移行を促進しているクラウドの時代のテクノロジー、企業にとってのその影響、そしてSDNをSoftware Defined Environment の一部として総体的に配備した場合の、卓越したビジネス上のメリットをご検討ください。

仕組みについて

IBMはSDNアーキテクチャーを使用して以下を行い、お客様の既存のネットワークを変革します。

IBMをお勧めする理由

お客様のビジネスを理解すること、それがIBMの仕事です。IBMは次の3段階のプロセスを使用して、Software Defined Networkの構築と保守を行います。

  1. ワークロード配置の柔軟性とネットワークの俊敏性を向上できるソリューションの戦略を立案し、設計する
  2. お客様のネットワークを統合および仮想化し、スケーラビリティーの確保とコスト削減を図る
  3. アナリティクスを利用してネットワークを自動化および動的に最適化し、ユーザー・エクスペリエンスを強化するとともに革新的なビジネス・モデルを支援する

SDNの詳細について

1990年代のアーキテクチャ、引きずっていませんか?

SDN活用による企業システム革新