未来のワークプレースを計画することは、今いる各ユーザーに適切なツールを見つけることと、未来のテクノロジーが備えるインテリジェンスとパワーで拡張可能なインフラストラクチャーにアクセスすることを適切に両立させることを意味します。

私たちの働き方に構造的なシフトが生じています。スマートフォン、タブレット、ゲーム・システムで現在当たり前のように享受している、直感的でなめらかなエクスペリエンスをワークプレースのテクノロジーにも求めています。デバイスが互いにやり取りし、自動的に更新することを期待しています。仮想ミーティングがビデオ・チャットのように簡単に設定でき、業務の遂行に必要なものは何でも、音楽やビデオのストリーミング・アプリケーションように簡単に調整できることを期待しています。

間違いなくテクノロジーにより選択肢が増え、優れたツールが提供されています。しかし、ほとんどの人が求めているのは複雑さの軽減であり、有料の場合はより低いコストなのです。このようなワークプレースで起きているシフトについて、複数の文献で構成されるシリーズを公開し検討していきます。その第一段が「コグニティブ時代のデジタル・ワークプレース」です。

Forbes Insights. コグニティブ時代のデジタル・ワークプレース。未来を見据えたポジショニング:いつでもどこでも稼働可能なワークフォースのためのインテリジェント IT

電話:0120-550-210

電話:0120-550-210

電話:0120-550-210

 

こちらもご覧ください

YouTubeLinkedInブログ