モバイル・デバイスの急増から、IT部門が認可していないモバイル・アプリケーションのまん延まで、世界中の企業がモバイル・テクノロジーの新しい波から劇的な影響を受けています。実際に、 IDCのアナリストである Leslie Rosenberg と Curtis Price は、この新しいテクノロジー・プラットフォームへの転換を、「ハイパーディスラプション(異常に活発な混乱)」と称しています。

IDCのレポートでは、現在、牽引力を得つつあるモバイルの4つのトレンドにより、企業がどのような影響を受けいているか、また、これらのトレンドから利益を得るためにはどうしたらよいかについて、説明されています。また、IDCがサード・パーティーのモビリティー・サービス・プロバイダーが成功の鍵を握っていると確信している理由も詳しく記載されています。レポートをお読みになり、以下の情報を入手ください。

  • モビリティー構想の導入を成功させるためのビルディング・ブロックとベスト・プラクティス
  • モビリティー・サービス・プロバイダーを評価する際に考慮する重要な要素
  • モビリティー・ソリューションの可能性を完全に実現するために、IBM デジタル・ワークプレイス・サービスをどのように利用できるかに関する詳細

また、コスト削減、情報セキュリティーの強化、生産性の向上のために IBM デジタル・ワークプレイス・サービスを活用した3社の実例も掲載されています。

IDC Analyze the Future,Curtis Price. インフラストラクチャー・サービス、プログラム・バイス・プレジデント(YouTube, 英語, 3分46秒)

当サービスに関するお問い合わせ

こちらもご覧ください

YouTubeLinkedInブログ