コグニティブの時代では、データ、システム、アプリケーションおよびビジネス・プロセスの継続的可用性が欠かせません。高度な分析や自動化を適用して、問題を予測し事前にシステムを修正できるようにすることで、ビジネスで新たな好機を掴み中断を防ぐことが可能になります。

コグニティブはレジリエンシーにどのように役立つのか?

Forbes Insights:コグニティブ時代のレジリエンシー

ネットワークに常時接続されている世界では、リアルタイムのデータ・フローと継続的に接続されたコグニティブ・アプリケーションが欠かせません

より多くの相互接続されたデバイスが情報を収集し、データを生成することで、私たちはそのデータを分析して得られる洞察を、さらに多く目にし始めることでしょう。そのデータを安全に守り、継続して利用可能な状態に保ちつつ、確実に保護する必要性が高まっているのです。

—Laurence Guihard-Joly、ジェネラル・マネージャー、IBM レジリエンシー・サービス

マーケット・リーダーシップ

IDC MarketScapeが IBMをDRaaSのリーダーに選出

北アメリカ Disaster Recovery-as-a-Service プロバイダー 2015 ベンダー・アセスメント

ガートナー社は2016年版「Magic Quadrant for Disaster Recovery as a Service」レポートで IBMをリーダーに選出

DRaaSで IBMを選ぶ7つの理由

詳細情報

  • 災害の後、コグニティブ・コンピューティングはどのようにしてビジネスを再活性化できるのか

    Laurence Guihard-Jolyのブログ投稿をお読みください。

  • Disaster Recovery as a Service(DRaaS)

    クラウドへの重要なアプリケーション、インフラストラクチャー、データ、システムの連続バックアップを提供する、DRaaSを使用して、IT障害から数分で復旧します。

電話:0120-550-210

電話:0120-550-210

電話:0120-550-210

こちらもご覧ください

YouTubeLinkedInブログ