ソフトウェアで定義されたレジリエンシー・フレームワークを通じてクラウド対応のResiliency as a Serviceを提供し、ハイブリッド・クラウドの採用とデジタル変革を可能にします

デジタル変革とハイブリッド・クラウドの時代において、企業はますますシームレスでパーソナライズされた、常時稼働のサービスを期待するようになっています。従来のレジリエンシー・アプローチはハイブリッド・クラウド環境ではもはや通用しません。IBMのSoftware Defined Resiliency Frameworkを通じたクラウド対応のResiliency as a Serviceで、企業は事業継続とレジリエンシーに最新のアプローチで取り組むことができます。すなわち:

オーケストレーション
災害復旧自動化の管理を簡素化し、ハイブリッド・クラウド環境全体で迅速かつコスト効果の高い復旧を実現します。

ハイブリッド
企業のあらゆる物理レイヤーと仮想レイヤー上でエンドツーエンドのレジリエンシーを確保します。

プロアクティブ
アナリティクスと重要な脅威データを統合し、レジリエンシーに関して事前対応的な意思決定を行えるようにします。

このForbes Insightsレポートを読み、クラウド対応のResiliency as a Serviceがいかにより迅速でコスト効果の高い復旧を実現できるか、そして IBMがソフトウェアで定義されたレジリエンシーという俊敏なフレームワークを通じてResiliency as a Serviceをいかに提供し、ハイブリッドの世界でますます高まるレジリエンシーへの要求に対応しているかをご確認ください。

電話:0120-550-210

電話:0120-550-210

電話:0120-550-210

こちらもご覧ください

YouTubeLinkedInブログ