IBMが採用しているのは、IT環境の3つの重要な要素(テクノロジー、プロセス、組織)に基づくエンドツーエンドの総合的なハイ・アベイラビリティー戦略です。

リスクの低減

自然災害や、設備の不具合、テクノロジー機器の障害など、事業継続性に対するさまざまな脅威を把握し、管理し、問題に対処できます。

運用システムの可用性の向上

地理的に分散したさまざまな場所で、アプリケーションとデータとシステムの可用性を継続的に確保できます。

リカバリーの強化

プライマリー・サイトとリカバリー・サイトで重要なデータのミラーリングを実施し、データの一貫性を維持できます。

 

専門的なアドバイス

経験豊富なコンサルタントから、レジリエンシー戦略を強化するためのベスト・プラクティスや推奨事項を得ることができます。

コストの抑制

重要な IT資産を保護するために、最も必要な所に戦略的に投資できます。

業界のノウハウ

IBM の専用ツールや技法、事前定義の構造などを利用して、それぞれの要件に合わせて調整できます。

現在のビジネスでは、スマートな意思決定、イノベーションの促進、ビジネス・チャンスの活用、競争優位の確立などのために、情報をいつでも利用できる状態にしておく必要があります。ダウン時間は許容できません。そのような要件に対応するために、ビジネスをサポートする IT システムを常にアクセス可能なオンラインの状態にしておき、スケジュールに基づくイベントであれ、それ以外のイベントであれ、何があっても情報を継続的に利用できるようにしておくことが必要です。しかしその一方で、コストの制約もあります。ビジネスのさまざまな部分で必要な回復力の適正なレベルを慎重に見極め、投資とリスクのバランスを取らなければなりません。

可用性アセスメント
業務を維持するために可用性リスクを特定し、低減します

ソリューション

お客様事例

Citi - 個人、地域、公共機関、国家のための進歩を実現。IBM z Systems。進歩の原動力。

IBM メインフレーム:Citi

Citi - 個人、地域、公共機関、国家のための進歩を実現

お客様事例

お客様はその業界における顧客の要求の増加に応えるために、IBM メインフレームを利用しています

参考資料

ガートナー社が、2016年版

「Magic Quadrant for Disaster Recovery as a Service」レポートで IBMをリーダーに位置付けました

 

2016年 情報漏えい時に発生するコストに関する調査

ポネモン・インスティテュートによる調査レポート:事業継続マネジメント・プログラムの効果

 

Master disaster recovery

優れた災害復旧チームが常時対応の期待に応えるために何をしているかを紹介します。

電話:0120-550-210

電話:0120-550-210

電話:0120-550-210

こちらもご覧ください

YouTubeLinkedInブログ