IBMのプログラム・レベルのエンタープライズ・レジリエンシー・サービスによって、 ダウン時間による損失をなくし、運用コストを抑制できます。

リスクの軽減

事業継続に対する潜在的な脅威を把握、管理し、対処します。

コストの抑制

お客様の投資を、適切なレジリエンシー施策にフォーカスします。

レジリエンシーの改善

可用性を最大化し、レジリエンシー・プログラムの管理を強化できます。

最近のビジネスは、1分のダウン時間も許容できません。システムが停止すると、生産性が失われ、顧客が離れていき、売上が落ちる結果になりかねません。ビジネスのブランド価値や企業評価が傷つき、その悪影響が長期に及ぶこともあります。大きなコストをかけずに、予期せぬ事態による混乱を最小限に抑えるためには、コスト効率の高いエンタープライズ・レベルの事業継続マネジメント(Business Continuity Management:以下 BCM) サービスが必要です。

BCMによって、レジリエンシーを強化し、信頼性を高めることができます。

ケーススタディ

IBM レジリエンシー・サービスは、韓国の観光産業企業パラダイスグループ社に、重要なバックアップ、完全な冗長性、リモート・リカバリー・サイトを提供しています

スペインの銀行 Kutxabank は仮想化を活用することで、すべてのトランザクションにレジリエンシーを確保しました

IBM レジリエンシー・サービスは、韓国の観光産業企業パラダイスグループ社に、重要なバックアップ、完全な冗長性、リモート・リカバリー・サイトを提供しています

スペインの銀行 Kutxabank は仮想化を活用することで、すべてのトランザクションにレジリエンシーを確保しました

ソリューション

参考資料

ガートナー社が、2016年版

「Magic Quadrant for Disaster Recovery as a Service」レポートで IBMをリーダーに位置付けました

 

 

電話:0120-550-210

電話:0120-550-210

電話:0120-550-210

こちらもご覧ください

YouTubeLinkedInブログ