IBM レジリエンシー・アセスメントは、潜在的なリスクと中断を特定して評価することで、お客様の現在のビジネス環境における影響を把握するのに役立ちます。

IBMの事業継続アセスメントの専門家は、専用に作成されたフレームワーク、青写真、およびモデルを使用して、危機管理と災害復旧を含め、お客様のニーズに合わせた改善計画を提案します。

リスクの特定

事業継続に対する潜在的な脅威を把握して管理し、対処します

応答性の向上

重要なビジネス・プロセスに影響を及ぼすリスクの発生に対して、より迅速に対応します

 

投資の最適化

お客様の投資が適切なレジリエンシー機能に対して行われるようにします

成功に向けた計画

進行中の事業継続最適化の戦略的ロードマップを作成します

主要な機能

ビジネス・インパクト分析

ビジネスで最も重要なプロセスと機能、および中断による有形・無形の影響(ダウンタイムの潜在的コストを含む)を特定します。IBMの経験豊かなコンサルタントが、復旧の目標およびリソースの依存関係を定義して、事業継続の計画の価値をより適切に把握できるようお手伝いします。IBMのビジネス・インパクト分析サービスは、事業継続戦略の計画とそれをサポートするための最適なソリューションの特定に役立つ基盤を整えます。

レジリエンシー・プログラム・アセスメント

お客様のレジリエンシー・プログラムの成熟度を、ベスト・プラクティスに照らし合わせて評価および比較することで、戦略を推進するための提言が得られます。IBMのレジリエンシー・プログラム・アセスメント・サービスは、お客様固有のビジネスと業界のニーズに合わせてカスタマイズされ、事業継続、危機管理、災害復旧、ワークエリアリカバリー、および ITとビジネスのプログラムの計画と手順を含む主要領域をカバーします。

継続的運用リスク評価(CORE)

IBM レジリエンシー・コンサルティング・サービスのCORE サービスは、お客様が自社の事業継続の要件を満たすことができるかどうかの判断に役立てるために、IT災害復旧と事業継続の計画および戦略の評価を行います。複数のワークショップと面接を通じ、お客様の現行プログラムの潜在的なぜい弱性を特定し、重要なプロセスのための復旧目標を達成するためのお客様の能力を評価し、可用性、復旧可能性、レジリエンシーの各目標を達成するための能力を改善する方法を提案します。

リスクと事業継続性の影響評価

IBM レジリエンシー・コンサルティング・サービスのリスクと事業継続性の影響評価では、経験豊富なIBM レジリエンシー・コンサルタントが潜在的な IT運用リスクを評価するため、お客様は IT関連のビジネスの中断を軽減することができます。機能豊富なアプローチと実績ある方法論により、企業を中断させる可能性に基づいて IT運用のリスクの評価、文書化、優先順位付けをお手伝いします。その後、リスク管理を向上させて、必要な軽減対策への投資に対するサポートを確立するためのビジネス・ケースを準備する上での対策をご提案します。

参考資料

Planning Paradise across the IT landscape

Planning Paradise across the IT landscape

IBM レジリエンシー・サービスは、韓国の観光産業企業パラダイスグループ社に、重要なバックアップ、完全な冗長性、リモート・リカバリー・サイトを提供しています

Master disaster recovery

優れた災害復旧チームが常時対応の期待に応えるために何をしているかを紹介します。

相互接続の増加が、リスクを拡大

IBM

20分未満の障害のコストは最大で1億ドルに上ります常時稼動する世界への準備はできていますか?

電話:0120-550-210

電話:0120-550-210

電話:0120-550-210

こちらもご覧ください

YouTubeLinkedInブログ