導入事例:医療関連企業

医療関連企業が、IBM Watson Analyticsのコグニティブな洞察で需要の増加に対応

継続的な需要の増加に対処すべく、米国の大手医療関連企業は、有能かつ多くの新入社員をどの年でも特定、評価、供給できるテクノロジー・パートナーを探していました。現在では、IBM Watson Analyticsを活用して、クラウド型Talent Insightsが提供するコグニティブ技術を活用しています。

概要

新たな環境は新たな機能を必要とします。

今日の新たな環境が抱える課題に対処するには、対象を絞った高度な人財分析を駆使し、それと並行して、求めるビジネス成果に人材戦略を直接紐付ける必要があります。さらに、コグニティブ・コンピューティングは、社員のライフサイクルのあらゆる段階と人事機能のすべての側面に影響を及ぼす可能性があります。新たなコグニティブ人事機能は、データとアナリティクスを利用して、人事の能力を次のように拡張します。

  • 社員とマネージャーに向けてパーソナライズされたアドバイスと推奨事項を生成することで組織能力を構築
  • 人事専門家が戦略に取り組む能力を育成
  • より良い人財決定を推進する洞察を提供

機能と特徴

ソリューションの考察:

予測人員損耗とワークフォース計画分析:拡張分析を活用して、さまざまな人事システムやエンタープライズ・システム、外部ソースから入手した履歴データを調べて、社員の離職傾向を予測し、人員損耗の推進要因を特定し、ワークフォースの融合体を最適化して求める財務成果を実現します。

予測雇用と人財採用分析:コグニティブ・ツールを適用し、履歴書や他のデジタル・フットプリントから得られた性格分析など、さまざまなソースから入手した構造化/非構造化データに基づいて、特定の役割に適性をもつ可能性が最も高い候補者を予測します。さらに、最も高い雇用品質と費用対効果をもたらしている雇用情報源および戦略についても調査します。

コグニティブな採用:IBM Watson Recruitmentは、今日の組織が直面している最も重要な採用課題の解決に役立ちます。こうした課題には、ワークフォース戦略、人材採用、市場、競合他社、エンゲージメントの問題などがあります。

感情分析とエンゲージメント分析:構造化・非構造化データ、社内外の大量のソーシャル・メディア・データと、社内で毎年実施する組織の健康調査データを活用して、雇用者のブランドと採用候補者/社員の声に関する豊かな洞察を引き出します。

パーソナライズされた学習:IBM Watson Talent Developmentは、コグニティブ機能を駆使して、それぞれの嗜好、現在のスキル・プロファイル、職務に基づいて、パーソナライズされたターゲット学習の推奨事項を社員に提供します。社員は、単一ユーザー・インターフェースを通じて、公式/非公式の多様な情報源のコンテンツにアクセスできます。

学習分析:学習/開発活動に関する組織の洞察を対象範囲とすることが多い、従来のコスト、デリバリー、満足度のレポートを超えた分析を行います。学習システムや他の人事システム、エンタープライズ・システムから得たデータを集約します。

コグニティブなHRオペレーション:IBM Cognitive Agent Assist for HRは、コグニティブ・テクノロジーに基づいて、人事サービス・センター担当者の専門知識を高めます。自然言語を理解することで、人事クライアント・サービスのサービス内容が改善され、コスト削減が促進されます。

人材分析の戦略、基盤、採用:人財データ分析の取り組みを開始、維持する用意が組織にあるかどうか、速やかに判断します。有意義なビジネス成果を推進するプログラムを支援する、計画とビジネス・ケースを策定します。

期待される効果

これらのソリューションは、重要な人財を認識、発掘、勧誘、維持するための集約された知識を人事と現場のマネージャーに提供します。さらに、採用担当者が、特定の任務に適性をもつ可能が高い候補者に注目できるよう支援し、人事部門がパーソナライズされた体験を社員に提供できるようにします。加えて、取り組んでいるビジネス課題の解決と投資の最適化に必要な洞察を人事リーダーに提供します。