導入事例:Workday

IBMの新しいデジタル変革アプローチを駆使して15万ユーザーのWorkdayを導入

15万人を超える世界中の社員を対象にした社内の人事クラウド・ソリューションに、大型Workdayがグローバル展開されました。IBMは、この変革手法とツールをWorkdayの新たな技術と組み合わせた結果、プロセスの簡素化や標準化、スタッフ配置の改善、コストの削減、プロセスの整合性が実現しました。

概要

広範囲にわたる変革を予想して対処する能力は、多くの場合、市場のリーダーになるか、市場から淘汰されるかによって左右されます。そのため、デジタル世界の変革術を習得すれば、競争上優位になりえます。

調査結果が示すように、社員は日常生活で享受しているデジタル体験が、職場環境でも求められています。社員に組織の変化を受け入れさせるには、人事部門は魅力的で有益なソーシャルとコラボレーションの要素を取り入れる必要があります。IBMの新しいデジタル変革プラットフォームには、ユーザー・アプリケーション、アナリティクス、ダッシュボード、創造的なスタジオが組み込まれており、社員が変革の構想において協力することや意欲の推進に役立ちます。

機能と特徴

従来の変化曲線は、組織が取り組んでいる多くの変革に当てはまらなくなってきています。社員は、革新的かつ創造的な変化を、場所と時間を問わずに個人として体験することを求めています。IBMのチェンジ・マネージメントは、科学的なアプローチです。データ、行動研究、ソフトウェアの主導により、行動科学とコグニティブを用いた洞察に基づいて、お客様が戦略変更の意思決定をリアルタイムで行えるようにします。

  • 作成と反復:変革の構想を促進する他社にはない没入型スタジオ体験
  • いつでもどこでも:メトリック主導の変更インサイト・ダッシュボード/アプリにより、外出中でも変更プログラムの状況を評価
  • 予測変更分析:業界、地域、変革の複雑さ、組織の規模に応じた、科学とデータに基づく組織の意思決定
  • 社員中心:ソーシャル/モバイルを活用した、高度にパーソナライズされた体験
  • 継続的な傾聴:変革の取り組みを社員はどのように感じているのかを理解

期待される効果

IBMのチェンジ・マネージメント・サービスは、求められるカスタマー・エクスペリエンスやエンプロイー・エクスペリエンスを促進して提供されます。ソーシャルとモバイルの力を引き出して、変革の体験をパーソナライズ化します。創造的なスタジオベースの専門的アドバイスにより、エンゲージメント、パフォーマンス、学習、行動分析の感知、予測、対応を行います。IBMは、お客様が変革を浸透させていくことを支援します。

  • 将来像を描く:集中的なスタジオ・セッションにより、デジタル変革の行動計画に沿った構想のポートフォリオを実現
  • IBMとの協業による設計:新たなエコシステムの中で組織の運営に必要な新しい構造、役割、スキルを迅速に定義
  • IBMとの協業による創出:夢中になれる、パーソナライズされた社員の変革体験を生み出し、組織のすべての「タッチポイント」でシームレスな体験を提供
  • 建設的な変革の喚起:チャレンジ、改革、観念化、イノベーションをあらゆるレベルで可能にする人材プールの特定、保持、構築
  • 新たな働き方の奨励:目標とする行動の変化を誘導、補強する、バイラル変革構想の推進