変革を起こす瞬間

強い顧客体験が行動に駆り立てます。
意味のある時が、成長につながるのです。


IBM Interactive Experience (IBMiX) について

広告代理店より大きな規模で、クリエイティブな戦略立案から全社システムを統合までご支援します。また次世代のサービス・カンパニーとして、お客様が変革を実現し業界をリードされるお手伝いをします。IBMiXチームは世界各国のメンバーが、常にお客さまの顧客を第一に考えています。戦略、クリエイティブ、デザインからデジタル、コマース、モバイル、ウェアラブル・プラットフォームまで、お客さまとともに結果を出せる変革の実現を目指します。


IBMiXの目指すもの

IBMiXチームはビジネス、アート、テクノロジーを融合します。今日のデジタル時代において生き残るためには、未来のトレンドをいち早く予測し戦略を実行することが重要です。目まぐるしく変化するこの時代、チャンスを把握し、グローバル経済に適したイノベーションを設計することで、ブランドの変革、ビジネス成長、顧客満足度の向上ができるのです。

IBMiXのアプローチ

共創から創造へ

共感できるアイデアはさまざまな洞察、実行力、そしてあなた自身から始まります。共創モデルは、課題の認識から最適なソリューション提案まで、お客さまと徹底的にディスカッションします。また、迅速な開発やIBMのデザイン思考を用いたコラボレーティブな創案により、IBMは「ノンストップのDigital Chatter(おしゃべり)」と評されています。

1. アジャイル式の戦略

「アジャイル」とは反復的なデザイン手法のことで、多方面に活用されます。問題を継続的に検証する、言い換えれば議論だけでなく実践からソリューションを創出します。この手法により、プロジェクトの要望や状況に応じて、迅速に変更を行ったり、リソースの調整も容易になります。

2. IBMのデザイン思考の活用

意味のあるエクスペリエンスは理解や共感から創出されるものであり、顧客の行動を生み出す物理的、感情的、また業務上のニーズを深く理解するところから始まります。一次調査と二次調査を通じエモーショナル・ジャーニー(感情の移り変わり)を描くことは、ユーザー・セントリック手法の原点とも言えます。

3. 検証

重要なこのステージでは、創造性を存分に働かせることで、ビジネス上の問題、課題や目標に対する素晴らしいアイデアやソリューションを生み出します。

4. プロトタイプによる利点

プロトタイプの作成では、ハード・コピーを含め、ディスカッションで定義した目的を満たすものであるか検証します。

5. 評価による確証

すべての制作物をテストし、得られた洞察に基づいて評価することで、ベストなアイデアを見つけ出します。全ステップで同じプロセスを繰り返し、良いアイデアがあれば採用し、必要であれば微調整、または取りやめてもう一度やり直すなど確固たるものができるまで徹底的に実施します。

エクスペリエンスによる進化

「よいデザインは、よいビジネスにつながる。」

トーマス・ジョン・ワトソン・ジュニア

IBMiXの文化

IBMiXは100年以上の歴史の中で創出した数々のイノベーションにより文化を形成してきました。常にテクノロジーの観点から、異なる見方を通して世界を見つめ、これは現在も未来も変わることはありません。世界最大のデジタル・サービス・プロバイダーであるIBM Interactive Experienceは、テクノロジーとデザインが融合されたこの時代の先頭に立ち、変革的な体験の創出を目指します。

また、ソリューションの創出だけに留まらず、お客さまが市場をリードできるよう、常に時代の先を読むことにフォーカスしていきます。