導入事例:世界的な航空会社

世界的な航空会社がエンゲージメントとコラボレーションを強化

IBMは、エンゲージメントとソーシャル・コラボレーションの統合プラットフォームを構築することで、10万人を超える社員の職場体験を地球規模で変革しました。

導入事例:Tesco

IBMソリューションを活用し、Tesco社員はソーシャル、イノベーションの推進、顧客体験の向上を実現

IBMは、Tescoのソーシャル・ビジネス構想と戦略立案を支援しました。これにより、店舗スタッフと本社の役割の刷新、ベスト・プラクティスの共有、顧客サービスの向上が期待されます。

概要

顧客ロイヤルティーをめぐる戦いでは、積極的に関わり権限を持った社員が重要な役割を果たすことを経営幹部は知っています。IBMの創造的なエンプロイー・エクスペリエンスの設計手法では、行動科学、行動分析、デザイン思考の技術、モバイル/ソーシャル技術、デジタル変革コンサルティングを組み合わせて、社員の日常業務体験を強化し、顧客ロイヤルティーを繰り返し獲得できるようになります。

エンプロイー・エクスペリエンスに主眼を置いてワークプレイスについて再検討する時が来ています。

機能と特徴

卓越した社員の業務体験を創出することで、絶えず変化する環境でも社員が目標を達成して成長し、顧客のニーズと市場の課題に対応する能力を獲得したと実感できるようにします。

このアプローチには、エンプロイー・エクスペリエンスの設計に影響を与える5つの手法が取り入れられています。

  • パーソナライゼーション:社員と組織のニーズを適合させる
  • 透明性:社員と雇用主の双方で組織全体の可視性を高める
  • 簡潔性:付加価値を持たない活動や情報を除去してエクスペリエンスを簡素化する
  • 確実性:組織の文化および価値体系とエクスペリエンスを一致させる
  • 反応性:社員と雇用主の双方による情報共有と行動修正を可能にする

期待される効果

エンプロイー・エクスペリエンスを意図的に設計することで、人事コストの削減、イノベーションの促進、顧客満足度と売上の向上が実現し、業績に大きな影響をもたらします。