事業継続簡易診断のご案内

貴社の事業継続対策レベルを見える化、業界平均と比較

事業継続は、経営上の重要課題の一つ
診断結果を経営者への説明に活用してみませんか?

業種を問わず、いかなる企業でも、災害やシステム障害時に事業の継続性を確保するための対策を講じることは、損失を回避し利益を守るための重要な経営課題だといえます。「事業継続」は、ビジネスの信頼性を向上させ、現在と将来にわたる事業の成長を図るための必要条件にもなっています。

IBMでは、お客様企業の事業継続性を多角的に診断し、今後のビジネス展開に沿った災害・障害対策の要点をわかりやすくレポートする「事業継続簡易診断」を無料で提供させていただいています。自社の事業継続力を見える化、可視化し、診断結果を経営者向けの説明にお役立てください。

複雑化するリスクを6つの視点から検証

当簡易診断では、事業継続にかかわるさまざまなリスクを、「戦略とビジョン」「組織」「プロセス」「アプリケーションとデータ」「テクノロジー」「設備」の6つの視点で検証。診断テストも、この6つの検証アプローチに基づく約100項目の質問が用意されています。ご回答いただくことで、お客様の会社の事業継続に関する強みと弱みを多角的に明らかにすることができます。

事業継続力を6つの視点で検証

6つの視点と災害対策対応スコアを表す図

診断結果レーダーチャート

診断結果は、ひと目でわかる6軸のレーダーチャートで示されます。このチャートで、いまできている有効値と実現目標が可視化されます。事業継続対策は、たとえば「テクノロジーは万全でも組織の体制が整っていなければ有効に機能しない」といったように、各要素が相互に関係して成立するものです。自社が全体でどういう状況にあるのかということを6軸のチャートから見ることにより、現状の強みと弱みがどこにあるのかを視覚的に把握することができます。

また、IBMがこれまで実施してきた診断結果の平均との比較が行える情報も要望により提供されます。業界のトップ企業はどの要素がどのレベルにあるのか、平均値はどうなっているのかを自社の結果と比較することで、自社のポジションがわかり、他社に対して優位に立つために「優先して強化すべき要素」も確認できます。 さらに、診断レポートには、可視化された数値データに加えてアドバイスとしてのコメントも付加されます。

簡易診断の標準アウトプット

簡易診断の標準アウトプットの一例を表す図

企業の信頼性とビジネス品質を高め、競争力強化につながる事業継続対策の次の一手を、この簡易診断からスタートさせてください。


  • お問い合わせはこちら

    まずはお気軽にご相談ください

受付時間: 月曜日から金曜日 9時30分から17時30分 (祝日および12月30日から1月3日を除く)

ご契約後のお問い合わせは、ご契約元または担当営業までご相談ください


事業継続簡易診断(無料)

お気軽にお申込み、ご活用ください。

関連リンク