コンサルタントの視点

コンサルタントによるホワイトペーパーと講演テーマを紹介します。社会やテクノロジーの変化が企業に与えるインパクトに関して、IBMグローバル・ネットワークから得られる情報と、プロジェクトでの実践から得られる知見を組み合わせた洞察を提示します。

IBM グローバル経営層スタディ

守成からの反攻
Incumbents Strike Back

詳しく見る

IBM グローバル経営層スタディ

思考するオペレーションの導入
Imagine – Operations that think

COOの視点

詳しく見る

IBM Institute for Business Value

エクスペリエンス革命

デジタルへの失望 ? なぜ支持してくれない顧客がいるのか

レポートを読む (PDF, 2.3MB)

IBM Institute for Business Value

コグニティブが拓く自動車の未来

膨大なデータを活用して格別な体験を提供する

レポートを読む (PDF, 1.8MB)

テーマ別

業種別

コンサルタントによる対談・寄稿

THINK Business

Placeholder image

【デジタル戦略考察】当たり前の「常識」が「解除」される世界
寄稿者: 岡村周実

Placeholder image

物流業界に見る創造的破壊の萌芽
寄稿者: 山中健太郎

コンサルタントによる講演活動

IBM戦略コンサルティング・チームのコンサルタントによる近年の講演内容の一部をご紹介します。 社会、経済そしてテクノロジーの変化をとらえて、常にテーマと内容を更新しています。

グローバル経営層スタディからの示唆

IBMが実施している世界の経営者に対するインタビュー調査。それに基づいて、経営者の事業環境の展望、そして戦略や組織構造に関して取りまとめて示唆を導出する。2015年スタディでは、いち早くデジタル・ジャイアントやスタートアップによるディスラプションを、経営者が脅威と考えていることを提示。現在2017年スタディを実施中、新たな洞察が提示されつつある。

講演者:池田 和明、小鹿 文清

大企業におけるリーンスタートアップとアジャイル

先進技術・ビジネス環境変化に適応したビジネスサイクル高速化が求められている。アジャイルを市場接点まで拡大した顧客開発モデル(リーンスタートアップ)の大企業での多くの適用事例を紹介。その落とし穴やマネジメント手法など、障壁の乗り越え方を実践的に解説する。

講演者:小鹿 文清、田村 昌也

IoTの地政学

IoTによるデジタル・データの爆発的増大と人口知能の興隆がもたらした新たな世界。企業が直面する競争環境も大きく変化し、地政学的な状況が出現している。その中で企業にとって主戦場は4つあり、そこでの成果が相互に影響を与える。この競争環境で比較的成功を収めてきた定石と、強大化したプラットフォーマーに対抗するための新たな戦略を提示する。

講演者:池田 和明

人工知能の活用による企業再構想

経営者は全社変革の梃子として人工知能を活用しようとしている。人工知能の歴史、Watsonの誕生から最新の動向、人工知能にできることの事例をご紹介。現在、起こりつつある変化、そして未来の姿を提言する。

講演者:門脇 直樹

AIで企業を強くする

AIが企業価値創出に貢献している事例を分析し、そこから価値創出のための梃子を導出。それを機能させるための、企業としてのアーキテクチャーを提示し、競争優位性の源泉をどこに求めるかについて論述する。また、人材教育と同様に重要となったAI教育について、そしてAI活用プロジェクトの推進方法について解説する。

講演者:池田 和明

ブロックチェーンを活用したプラットフォーム・ビジネス

ブロックチェーン技術を活用したプラットフォーム・ビジネスのあり方/進め方の示唆を提供。現在は、多くの企業がプラットフォーマーを指向。結果、同種のプラットフォームが乱立し、大規模なプラットフォームが成立しづらい状況にある。パーミッションド型のブロックチェーンを利用する事で、自社の「信頼」を補完しつつ、多くの参加者を効果的に巻き込む形でプラットフォーム設計を行っていく事が可能となる。

講演者:岡村 健一

繋がる世界、場と時間の切り取り競争

モビリティーの競争は、所有から利用へ、ハードからサービスへ、コンテンツからプラットフォームへ移行してきた。その中で、利便性だけではなく“楽しさ”がその価値を増している。変化はコネクテッド・カーや自動運転の進化によって加速していく。今後は、“楽しさ”を巡って人々の限られた時間をどれだけ獲得できるかの戦いになる。

講演者:桃谷 英樹

規制におけるデジタル・ディスラプション

イノベーションの実現においては、既存の規制が障害となることが多い。これからの時代は、規制がイノベーションを促進しても良いと考える。ディスラプションは規制当局でも起こっている。当局も大手企業やスタートアップと連携し、サンドボックス上で実験・学習すべきである。

講演者:ランジャン アミット

公益事業のイノベーション

日本政府は、「日本再興戦略2016」に基づき、インフラの老朽化等の課題を解決するため、コンセッション(公共施設等運営権)方式の活用拡大を進めている。
当講演では、仏リヨン水道事業管理局による具体的なイノベーション事例、日本政策投資銀行による英仏水道分野における官民連携の事例、IBMによる公共事業のイノベーションの事例を紹介し、示唆を提示する。

講演者:岡村 周実

テクノロジーは未来の業界をどう変えるのか

人工知能、量子コンピューター、ブロックチェーンなどの技術の進化、そして新たな消費者であるZ世代(1995年以降生れ)の台頭。新聞、印刷、金融業界など、それぞれの業界への影響を考察する。

講演者:門脇 直樹

グローバル企業 競争優位の源泉

企業活動のグローバル化を類型化して分析。「マルチナショナル」モデルに対すると「グローバル」モデルの得失について検討する。そして、競争優位性を実現する梃子として、知識のアービトラージと、コストのアービトラージとを提示し、それらを実現するための組織構造とマネジメントについて解説する。

講演者:池田 和明

日本企業におけるグローバル化のポイント

IBMにおいてグローバル化を推し進めてきた経験と、そこから得られた示唆に基づくと、日本企業においては「グローバル人材」「失敗文化」「ガバナンス」が要所となる。

講演者:小鹿 文清

お客様のビジネスにどのように役立つか
ご覧になりますか?

お問い合わせはこちら

IBMとつながる:

最新の洞察を確認する: