|   ウィンブルドンの事例

ウィンブルドン

パーソナライズされたチケット

ウィンブルドンのファンの中でも、この毎年のイベントを現地で観戦できるのはごく一部です。しかし現地のコートにいても、家でソファーに座っていても、ファンはショットをひとつ残らず見たいと思っています。オールイングランド・ローンテニス・クラブは、何百万人ものファンが試合を観戦できるようにするために、IBM iXの協力を求めました。

6900万人を超える

デジタル観戦者

洞察

世界的な試合には世界的なエクスペリエンスが必要

4つのグランドスラム・テニス選手権で最も古い歴史を持つウィンブルドンの威信にかけて、世界中の観客が最良のデジタル・エクスペリエンスを体験できるようにすることが非常に重要です。

アイデア

IBM iXはこの名高いイベントのパーソナライズされたチケットを、すべてのファンに提供します。Apple TV用のアプリやiOSとAndroid用の新しいモバイル・アプリによって、ファンはどこにいても、パーソナライズされたコンテンツを視聴し、ソーシャルで共有し、リアルタイムの洞察を楽しむことができます。世界中のファンが、素晴らしい体験をすることができるのです。

「ファンがトーナメントをどの方法で体験するにしても、オンラインでも、電話でも、TVでも、会場で観戦するのであっても、私たちは望み得る最高のエクスペリエンスをダイレクトに、途切れることなく、確実に提供したいと思っています。新しいアプリはその戦略の主要な部分です。」

— Alexandra Willis氏、コミュニケーション責任者、
オールイングランド・ローンテニス・クラブ(AELTC)のコンテンツおよびデジタル

インパクト

ウィンブルドンとIBMのもう1つのサービスエース

新しいApple TVアプリを使用すると、ファンはリアルタイムのスコアを見たり、Live @ Wimbledonの配信を視聴したり、3つの生放送のラジオ・チャネルを聞いたり、スマートTVから直接提供されるウィンブルドンのビデオや写真を調べたりすることができます。 モバイル・アプリにより提供されるパーソナライズされたフィードにより、ファンはそれぞれ独自のウィンブルドンのストーリーを取り込んでシェアできるようになり、対話式のエンゲージメントが促進されします。

モバイルにも拡張されたSlamTrackerが、スコアだけでなく、選手や試合やトーナメントのデータの分析も行います。リアルタイム・コンテンツ配信で、かつてない迅速さで洞察がファンに提供されます。また2016年には新たにIBM Watsonとハイブリッド・クラウド・テクノロジーを使用したCognitive Social Command Centerができ、関連性の高いコンテンツによってファンとのつながりを深めています。IBMのイノベーションの導入により、AELTCのデジタル戦略は毎年発展し続け、真にユニークなウィンブルドンのエクスペリエンスをファンに常に提供しています。

98%

モバイルでのアクセス増

1億1000万

ビデオ視聴、年間25%増加

24%

ソーシャル・メディアでの観衆増加

お客様事例

お客様のビジネスにどのように役立つか
ご覧になりますか?

お問い合わせはこちら

IBMとつながる:

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら