|   Knorr社の事例

Knorr社

Love at First Taste

ミレニアル世代には、小規模の職人技的な食品ブランドを好んで購入する傾向が見られます。そのような中で、Knorr社はどのようにそのグローバル・ブランドをアピールし、購買に結びつけることができたのでしょうか?

エフィー賞

北米および英国で受賞

洞察

味は味覚だけではなく、さまざまなものを刺激します

味は毎日の体験を意味のある瞬間に変えます。人と場所を結びつけ、記憶を取り込み、感情を記憶します。ミレニアル世代にとっては、食べ物はライフスタイルやアイデンティティーを表現する方法にもなります。

アイデア

あなた好みの味を見つけます

IBM iXは、パーソナリティー診断クイズの、人の興味を引き、共有可能である点をモデル化して、ユーザーの味のパーソナリティーを判別するツールの作成に着手しました。味覚科学の権威であるNiki Segnit氏の「Flavour Thesaurus」をベースにして、IBMのWatsonコグニティブ・コンピューティング・チームと共にツールを構築しました。このシンプルなクイズはオーダーメイドのAIテクノロジーを使用して、消費者を12の味のパーソナリティー・タイプのいずれかに分類して、その味覚にぴったり合致したレシピを提供します。

インパクト

感情にアピールして自発的なエンゲージメントを促進します

ProfilerツールはMullenLowe社によるKnorr社の非常に大きなキャンペーンの中核となりました。個々人が熱中するポイントにアピールすることによって、消費者とインフルエンサーのエンゲージと共有の60%以上を獲得しました。また、ミレニアル世代の購入の意思は12パーセント増加しました。

130万件

Profilerへのアクセス

90%

完了率

45%

滞在時間

+15%

購入の意思

お客様事例

お客様のビジネスにどのように役立つか
ご覧になりますか?

お問い合わせはこちら

IBMとつながる:

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら