Cognitive Insurance 保険業における コグニティブ・コンピューティング 詳しく見る

IBMの保険業界向けソリューション、テクノロジー、およびコンサルティングで、お客様の持続的な成長をご支援いたします。

「保険業」に関連するプレスリリース


「保険」に関連する導入事例


おすすめコンテンツ

  • コグニティヴな技術が人を助け成長させる未来、そこから生まれる保険業界の変革

  • 第一生命保険株式会社
    まさにハードウェアの進歩によるブレークスルー、時代が変わった瞬間を実感

  • コグニティヴ分析による「モバイルヘルスケア」が保険会社と個客の関係を変える

  • 保険におけるInternet of Things
    Internet of Thingsがいかに保険業界に破壊的な変革をもたらしているか

ホワイトペーパー一覧

  • コグニティブ・コンピューティングは、保険業におけるゲーム・チェンジャーとなりうるか?
    Watson Cognitive Value Assessmentが保険事業者の求める答えを導きだす

  • 保険業における ハートシェア・マインドシェア・マーケットシェアの獲得
    “つながる保険会社”は、いかに顧客維持率の向上を図っているのか


お問い合わせはこちら

特集やキャンペーン情報

  • IBM Watson Summit2016
    保険業のお客様向け他多数セッションご用意

  • 医療費負担を抑える「生きるための保険」へ
    保険業界を大きく変えるビッグデータとIBM Watson

  • グローバル経営層スタディ2015
    Redefining Boundaries 境界線の再定義 テクノロジーで切り拓く新たな地平

Connect with IBM

IBMの保険ソリューション体系

保険業のお客様のフロント・オフィスの変革、顧客洞察の深化、および統合リスク管理の高度化を総合的にご支援いたします。

フロント・オフィスの変革

営業職員、代理店、コンタクトセンター、ダイレクトチャネルといった顧客接点の高度化、および業務プロセスの効率化とサービスレベルの向上をご支援いたします。

IBM MobileFirstで保険ビジネスを変革

モバイルの活用で保険ビジネスにどのような変革をもたらすかご紹介いたします。


 

次世代の保険業務オペレーション

プロセス管理・コンテンツ管理・分析・可視化を統合した保険業界向け業務最適化ソリューション、IBM Case Managerをご紹介いたします。


 

先進技術を活用したコンタクトセンターにおける顧客対応の最適化

コンタクトセンターは顧客と対話する非対面チャネルとしてますます重要視されています。IBMの次世代保険コンタクトセンターは、一元的な顧客情報の共有、連携および対面チャネルや全社のコールセンターとのコラボレーションを促進し、企業全体としての顧客対応力を高める役割を担います。
顧客一人ひとりを大切にするサービス、柔軟かつ拡張性のある統一されたコンタクトセンター基盤、業務改革への迅速な対応、標準テクノロジーへの対応(SOAインターフェース)の要件を踏まえ、業務の品質と効率の向上を図るソリューションを事例を交えてご紹介いたします。


 

スマートデバイスの活用による顧客サービスと業務効率の向上

顧客の要求に迅速に応じ、販売機会を高めていくには、より俊敏性の高い営業スタイルへ変革し、顧客接点を高度化していくことが求められます。
営業職員および代理店の活動シーンに合わせて、スマートフォンやタブレット端末などのマルチデバイスと、IBMの先進テクノロジー・アセットを活用し、顧客接点での販売支援や新契約の申し込みなどの完結処理、オートメーション化を推進するソリューションをご紹介いたします。
また将来的には顧客接点から収集・分析された情報を販売募集人の支援やクロスセル、アップセルの実現に活用/展開することを目的に、新しいコンタクト情報管理、ナレッジ共有手段などを提言いたします。

顧客洞察
(カスタマー・インサイト)

360度ビューで顧客情報を収集、蓄積、分析して顧客に関する洞察を深め、それらを活用することで、顧客エンゲージメントの強化および顧客維持率の向上をご支援いたします。

IBM Watsonが切り開く保険業の将来

コグニティブ・コンピューティング・システムであるIBM Watsonが、保険会社にどのような変革をもたらすか、次世代の顧客経験を再定義します。


 

顧客への洞察を深化させる、金融業向け「行動ベース顧客分析」とは

金融業の営業やマーケティング分野の変革をテーマに、アナリティクスを活用して顧客の行動を予測し、最適なアクションを可能にするソリューションについて、海外の先進的なお客様事例を交えてご紹介いたします。


 

お客様の声分析ソリューション

カスタマーセンターやホームページに集まる「お客様の声」を活用し、より高度な分析を加えることで、相談・苦情処理への対応だけでなく、より価値のある情報に変換させ、“カスタマー・エクスペリエンスの向上”に寄与することを可能にするソリューションをご紹介いたします。
さらに、営業職員や代理店など、各チャネルに集まる情報に分析対象を拡大し、顧客の傾向パターンを定量的に予測しながら主要部門と連携することで、より“顧客の特徴をとらえた”商品・サービスを提供できる体制づくりをご支援いたします。


 

顧客接点の高度化を実現する顧客情報管理ソリューション

クロスセルの推進やグループ企業間のシナジーによる営業力強化、法令遵守や一貫性のあるお客様対応による業務品質・顧客満足度の向上など、顧客接点の高度化を実現することは、保険ビジネスにとって喫緊に取り組むべき課題となっています。
これらの課題解決のベースとなる情報インフラとして、企業内のさまざまなシステムに分散する顧客データを統合的に管理する顧客情報管理の考え方と関連ソリューションについて、グローバルの保険会社、金融機関における事例を交えてご紹介いたします。


 

テキスト・マイニング技術を活用した支払査定支援ソリューション

保険金・給付金の支払いの精緻化やミスの防止は、顧客との信頼関係を維持していく上で継続してその高度化に取り組むべき領域であると考えています。
その中核となる診断書データについて、テキスト・マイニング技術の活用によるキーワードや日付の抽出機能、自動分類機能を実装することにより、傷病名や手術名の自動コード化を実現し、正確・迅速な支払査定および請求勧奨を実現する支払査定支援ソリューションをデモンストレーションを交えてご紹介いたします。

エンタープライズ・リスク・マネジメント

新ソルベンシー規制やORSA、IFRSなど、将来の規制への対応が求められる中、一定のリスク下で企業価値の最大化を目指すERM経営の実現をご支援いたします。

エンタープライズ・リスク・マネジメント(ERM)実現にむけたシステム基盤

保険会社におけるERMのための基盤構築では、一般的なデータウェアハウスの構築と異なり、将来の金融検査などにも耐えうる強力なデータガバナンス、データマネジメントや、複雑かつ大量の計算を行うキャパシティ、詳細レベルでの大量データの長期間保有、そして将来的な制度改正や商品、マネジメント要件の変化などに対応する柔軟性などが強く求められます。これらを実現していくためには、従来と異なるアーキテクチャーとシステム基盤、およびツールが必要となります。
これらの要件を踏まえ、どのようなシステムアーキテクチャーが求められるかについて、欧州におけるソルベンシーⅡ対応の海外事例などを考察しながら、IBMソフトウェアを含むソリューションを交えてご紹介いたします。


 

オペレーショナルリスク管理態勢の構築

エンタープライズ・リスク・マネジメント(ERM)やソルベンシーⅡでは、統合的にリスク管理を行うことが求められます。昨今では、グループ全体としてのソルベンシー規制の強化が求められており、オペレーショナルリスクについても、親会社だけでなく子会社を含めたグループ全体での管理が求められます。
さらにオペレーショナルリスクは、定性的な管理と定量的な管理を互いに連携させることが必要とされ、SOX法や内部監査などとの関係からも、いかに制度設計を行うかが重要となります。
すでに銀行では、バーゼル規制への対応として、オペレーショナルリスクについても、定性的な管理に留まらず、計量化のためのデータベース構築などが実施されています。
経営層から現場までが共有・活用可能な、実効性の高い生きたリスク管理態勢の構築について、それらを効率的に実現するソリューションを交えてご紹介いたします。