ブロックチェーンのさまざまなメリット

ブロックチェーンは、さまざまな業界の根本的な変革を支援します。最も近い将来では銀行業界や保険業界での利用が有望ですが、可能性はそこだけにとどまりません。よりスマートでより効率的なサプライ・チェーン・システムの実現、モノのインターネット(IoT)ネットワーク、ゲーム、マルチメディア著作権管理、レンタカー、政府が作成する身分証明書や免許、保険記録の管理など、多岐にわたるブロックチェーン・テクノロジーの活用が期待されています。

  • より効率的
  • リスクが少ない
  • 低コスト

お問い合わせはこちら

ブロックチェーンには
これまでのビジネスを根底から変える可能性があります

ブロックチェーンでできること

時間の短縮

決済までの期間を数日からほぼ一瞬にまで短縮

コストの削減

間接費や中間コストを削減

リスクの低減

共謀や改ざんのリスクを低減

ビジネスにおけるブロックチェーンの活用例

企業間の契約

課題:
業務上の契約をコード化することで、複数の当事者間における契約上の合意を、信頼性を確立しながら自動化できます。ブロックチェーン上の情報はそのままだと「公開情報」として取り扱われますが、企業間契約の場合、台帳へのアクセス権を持つ無関係な参加者への開示を防止してビジネスの機密情報を保護するためのプライバシー統制が必要不可欠です。

ソリューション:
ブロックチェーンが提供し、購入プロセスや提供プロセスの進捗に合わせて更新される契約ステータス・レコードを、契約に関わるすべての当事者、銀行、パートナー間で共有することができます

メリット:

  • サプライ・チェーン全体の効率性と透明性を向上できます。
  • すべての契約がほぼリアルタイムで更新されるため、リスク管理を強化できます。

資産の保管管理

課題:
ブロックチェーン・ネットワーク上では、あらゆる利害関係者が種類を問わず資産に直接アクセスして、仲介機関の幾重もの層を経由せずに取引を開始し、資産情報を入手できるよう、金融証券などの資産を電子化する必要があります。

ソリューション:
ID管理システムにより、正しいキーを持つ当事者だけに資産へのアクセスを許可することができます。

メリット:

  • ブロックチェーンによって仲介機関の存在が不要になり、それに伴う間接コストもなくなります。

サプライ・チェーン

課題:
ブロックチェーン・ファブリックには、調達する原材料の入力、原材料の調達プロセスの追跡、部品製造の遠隔測定データの記録、出荷された物品の出発地や経由地の追跡、生産工程のあらゆる側面に関する変更不能レコードの維持、販売および販売後に至る製品の保管など、さまざまな目的を可能にする手段を、サプライ・チェーン・ネットワークのすべての参加者に提供することが求められます。

ソリューション:
ブロックチェーン全体で真実を分散共有しながら唯一の真実を提供し、スマート・コントラクトを使ってトランザクションのステータスを更新しながら、スマート・コントラクト自体を当事者間で共有します。また、トランザクションの成功または失敗を示すイベントをスマート・コントラクトを使ってトリガー(引き起こすことが)できます。

メリット:

  • 交換対象の情報の正当性を検証可能な状態にすると共に、すべての当事者による情報の正当性の改変や毀損を防止できます。
  • 複雑なグローバル・サプライ・チェーン全体の透明性を向上し、効率化を図ることができます。
  • 消費者は、購入を判断するにあたって十分な参考情報を入手できます。
  • 政府機関は、サプライ・チェーン全体から信頼性の高い情報をすばやく簡単に入手できます。

ブロックチェーンの活用が期待されるビジネス分野

業界、部門、ソリューション分野 ユース・ケース
金融サービス 信用状
企業の負債、社債
貿易プラットフォーム
支払い送金
買い戻し契約
政府機関 官公庁/自治体
工業 重工業
小売 購入ポイント
医療 医療/ヘルスケア
業界共通 クロスインダストリー
モノのインターネット(IoT) IoT冷蔵庫
その他のソリューション ゲーム
音楽