IBMエンタープライズ・コンピューティングとブロックチェーンがもたらす、
破壊的競争力

IBM z Systems及びIBM LinuxONEを中心とするIBMエンタープライズ・コンピューティングは、これまでにないスピードと規模でブロックチェーンによるイノベーションを実 現します。z Systems及び LinuxONEの優れた暗号化機能、セキュリティー、信頼性とともに、業務トランザクションと業務データへのスムーズなアクセスによって、新たな価値の創造、効率性向上、コスト削減が短期間で可能となります。

事例:ブロックチェーンを活用してダイヤモンドの追跡と保護を行う、スタートアップ企業Everledger。

お問い合わせはこちら

ビジネスの仕組みを変えるブロックチェーン
-IBMの取り組みとインフラとしての最適解-

ブロックチェーンの概要や最近の動向を踏まえながら、オープンソースやお客様との共同検証といったIBMの最新の取り 組みをご紹介するとともに、ブロックチェーンを支えるインフラに求められる要件とその最適解を具体的なデモを交えてご説明します。

講演動画を見る

Blockchainを稼働させるのに、IBMエンタープライズ・コンピューティングが如何に適しているかをご紹介

IBMエンタープライズ・コンピューティングの優れた可用性、拡張性、信頼性が実現する貿易金融の未来

貿易金融では、銀行、輸出企業、運輸会社、輸入企業等の多数の参加者の間で、大量の貿易書類をやりとりし、書類の処理に多くの手間と時間がかかりまます。ブロックチェーンによって参加者の間で、決済指示や処理をワークフローとして自動化することで、プロセスの迅速化と大幅なコスト削減が可能となります。

デモを見る

ブロックチェーン向けに設計された IBMエンタープライズ・コンピューティング

セキュリティー

z Systems及びIBM LinuxONEは、x86サーバーやパブリック・クラウドでは実装されていない、ハードウェア組み込みの暗号化機構を搭載しています。これらのセキュリティー機能によって、電子署名やハッシング時の高速な暗号化、複合化処理を実現します。

パフォーマンス

z Systems及びIBM LinuxONEは最大141コア、数百もの専用IOプロセッサーを搭載しています。 z Systems及びIBM LinuxONE上のアプリケーションは、業務データに直接アクセスでき、分散サーバーと比較して数倍も高速に処理を完結させることができます。

統合性

デジタル時代において、DevOpsの実践には、RESTfulインターフェースを介したより素早く、容易なデータアクセスが必要となります。 z Systems及びIBM LinuxONE では、アプリケーション、業務データ、ブロックチェーンはすべて同じプラットフォーム上に存在するためセキュリティーやトランザクションの整合性を確保できます。