お客様の利便性向上、セキュリティー強化、開発生産性向上を実現する
「FinTech共通API」


APIバンキングは、銀行利用者の利便性向上、セキュリティー強化、開発生産性向上を実現する情報システム連携の基盤となるアーキテクチャーです。IBMでは汎用的に利用できるアセット「FinTech共通API」を提供しています。「FinTech共通API」は、FinTechサービスと既存のインターネット・バンキングをアプリケーション間で接続し、残高照会、入出金明細照会、口座情報照会といったインターフェースを提供するAPI群です。また、APIの標準化を推進している「BIAN(Banking Industry Architecture Network)」の仕様に基づいており、オープンかつ汎用的なことが特長です。「FinTech 共通API」は、IBMのAPI作成・管理・運用ソフトウェア「IBM API Connect 」と「IBM DataPower Gateway」により提供されるオープンな認証プロトコル「OAuth」と連携し、強固なセキュリティーを実現します。

ビジネスモデルの変革を支援する
「IBM FinTechプログラム」


近年、今までにない利便性や新たな顧客体験を提供するFinTechサービスが次々と生まれています。また、これらのサービスを、規制対応を図りつつ高度なセキュリティーを確保して金融機関のサービスと統合することで、新しい金融インフラを構築することが求められています。そのためには、金融機関がFinTechサービスを迅速に取り込む仕組みが必要になります。「IBM FinTech プログラム」 は、金融機関を対象に、FinTechに関する知識を深めるステージ、アイデアを具現化してシステムの実証実験を行うステージ、金融機関の既存システムに接続しサービスを本格的に導入するステージというそれぞれ3つの段階でお客様に環境に適したプログラム・メニューを提供します。

FinTech企業とIBMが描く未来。
その実現のための課題について

APIバンキングへの移行。
FinTechを加速するために
今、必要なものとは

異業種間データ連携の取り組み

「IBM FinTechプログラム」導入事例


「TSUBASA FinTech共通基盤」を構築

IBM Cloud上で先進的な金融サービスを迅速に提供可能

みずほ銀行、外部企業とのオープン・イノベーションを推進するためIBMクラウドでのAPIバンキングを稼働

信用金庫業界の「オープンAPI共通基盤」の構築を支援

SBIグループと地域金融機関向けFinTechサービスの導入支援事業を展開する合弁会社の設立

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

受付時間:平日 9時から17時
(祝日および12月30日から1月3日を除く)