モノづくりはハードウェアの機能を競う時代から、AIとIoTを活用した顧客に価値ある「コトづくり」を競う時代へと変化しています。さらにIBM Watson により非構造化データのビジネス活用の可能性が広がり、日本のモノづくり企業もAIを使った新しいモノづくりの挑戦をスタートさせています。
一方で、IoT(Internet of Things)は一層複雑化しつつある「モノづくり」の象徴的存在です。これまでの「エレ+メカ+ソフト」に加え、IoTを加えた4つを組み合わせる製品開発がこれからは拡大していくことでしょう。AI & IoT時代のイノベーションの動向とそれに伴う製品開発プロセスの変化をまとめてみました。

AIモノづくり戦略 1.「What to Make」変革へのアプローチ

先進テクノロジーを活用し顧客価値向上を実現する
モノ+コトづくり イノベーション支援サービス

VIDEO

AIとIoTが生み出す
新しいモビリティ・ライフ

自動運転社会の基盤技術
IBM Watson IoT for Automotive

CASE STUDY

IBM Watsonを装着した自動運転電動ミニバス
「Olli (オリー)」

自動運転社会の中におけるAIの可能性とは?

CASE STUDY

リコー+コグニティブが
会議を変える

Industrial Forum 京都2017で発表されたコグニティブ事例集

CASE STUDY

IoTとコグニティブ・テクノロジーを使ったスマート・ベアリングで「未来のモビリティ社会」を切り拓く

独・大手自動車部品メーカーの事例

CASE STUDY

パナソニックが考える
AI+IoTが作る新しい暮らし・美容・ヘルスケア

(日経デジタルヘルスケアSPECIAL記事再掲)

PROVISION

WatsonとIoTが生み出すモノづくりの新しい価値とは

“つながるクルマ”を通して、コグニティブIoTの持つ可能性を考える

AIモノづくり戦略 2.「How to Make」変革へのアプローチ

AI+IoT時代の新しい製品開発プロセスを構築する

CASE STUDY

ボッシュ(独)のIoTを活用したモノ+コトづくり

IBM IoT Continuous Engineering の展開で開発ツールの共通化・標準化を実現

CASE STUDY

ソニー・オリンパスメディカルソリューション
製品開発プロセス変革事例

先進技術を一層安心しておつかいいただくために

VIDEO

自動運転車の開発を支える
”IBM IoT Continuous Engineering”
(DEMO VIDEO)

AI+IoTで製品利用の今を把握し、障害予知、修繕アクションを実施する

WHITE PAPER

継続的エンジニアリングで競合を凌駕するには

関連情報

IBM Watson Internet of Things

コグニティブのIoT(モノのインターネット)は、現実世界におけるあらゆる人の経験を変革します

強い日本の生産現場力を一層パワーアップする
コグニティブ・ファクトリー戦略

ニッポンのモノづくりをもっと元気に!

IBMの製造業向けソリューション

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

受付時間:平日 9時から17時
(祝日および12月30日から1月3日を除く)